割安株のジレンマ

シンプルだけど、大きな負けをしないために役立つルールは「下落トレンドの銘柄は買わない」というルールではないでしょうか。

下落トレンドにある、割安株を買った後に、株価がさらに下がると、見込み違いだったので、損切りをしなくてはという気持ちと、株価が下落したことで、さらに割安に見えるので、買い増しをしたいという気持ちの2つが生じます。
これを「割安株のジレンマ」とでも名づけましょう。
私は過去にこのジレンマを何度も経験しています。

しかし、注意しないといけないのは、ここで買い増しをするということは、株価が下がっているという現実と、PERなどの指標が割安という現実のうち、後者の現実のみを受け入れて、株価が下がっているという現実を無視していることになります。

買い増しをした場合、PERなどの指標が割安ということを心のよりどころとして、含み損に耐え続けることになります。
しかし、株価がさんざん下落した後になって、業績の下方修正が出ることがあります。
すると、唯一の心のよりどころであった指標が割安という前提を欠いてしまいます。
そして、保有している理由がなくなってしまうため、最安値圏でぶん投げることになります。

株価が下げ続けているという現実を見たときに、業績下振れの可能性を意識しないといけないのです。
現時点で指標が割安ということが将来も継続する保証はないのです。

過去に何度も失敗したので、私は、原則として、下落トレンドの株は買わないようになりました。
例外として買うのは、明確な支持線でのリバウンドを買う場合、暴落時の逆張り買い、短期的に株価が上昇するきっかけがある場合などに限られます。

大きな損をしないために「下落トレンドの銘柄は買わない」というルールをスイングトレーダ-にはおすすめします。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)