ブラック企業認定のエイジス(4659)が急落

長時間労働繰り返した「ブラック企業」を初公表

違法な長時間労働を繰り返したとして、厚生労働省は19日、棚卸し代行業のエイジス(千葉市)に是正勧告を行ったと発表した。
違法な長時間労働を繰り返す大企業の名前を行政指導の段階で公表する新基準が昨年5月にできており、今回初めて公表された。
厚労省によると、同社の社員は約700人で、スーパーなどの小売店が行う帳簿の数量と実際の在庫を突き合わせる棚卸し業務を代行している。千葉県などにある同社の事業所4か所で、計63人が1か月あたりの法定労働時間を100時間超えて働いていたとして、昨年5月以降、4回の是正勧告を受けていた。

以上読売オンラインから引用

この銘柄、実は、昨日の四季報オンラインのスクリーニングでピックアップしていて、17年3月期の経常利益が、四季報予想から上振れしており、来期PERに割安感があるため、四季報先回り買いの候補にするか迷った銘柄でした。
四季報投資をされている方の中にはこの銘柄を昨日買った方もいらっしゃるかもしれません。

予期しない悪材料は事故のようなものなので、それによる損失は諦めるしかないのですが、買った当日にこの材料出されたらかなり凹むなと思ってこのニュースを見ていました。

今回はたまたま買ってなくて助かりましたが、こういうこともあるので、私は四季報投資でも、あまり集中投資はしないようにしています。

 

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)