本日の売買 5/26

四季報銘柄を1銘柄売却して、2銘柄購入しました。

昨日のストップ高比例配分の話の続きですが、証券会社によって、配分方法が、数量優先の会社(クリック証券、松井証券)と時間優先の会社(その他ほとんど)があります。

数量優先の会社の場合、大引け直前に大量注文を出せば、1単位は、配分を受けられる可能性があるので、次の日も上昇すると考えた場合、1単位配分狙いで、数千万円の注文を入れるという方もいるようです。

1単位を獲得するために数千万円の注文を入れた時に、大株主からの売りが出て、全株約定してしまったら。。。
考えるだけでも恐ろしい事態になってしまいますね。

数量優先のクリックで大引け前に大量注文というのは、いつかやってみようと思っていましたが、やっぱりやめておきます。
(ただ、上限なしのTOB価格にさや寄せするようなケースでは、全株約定してもTOBに応募すればいいので、リスクはないかもしれません。)

今日のハビックスは 前日比-120円(-12.01%)の879円で引けています。
実需の数倍まで膨れ上がった買い注文が全て約定したことで、おそらくその大部分が実需の売りとなって、今日は降ってきたものと思われます。
現在のポジション
四季報銘柄4銘柄

四季報投資確定益 5万2100円(+26000円)

 

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)