課徴金事例集

今日はやることがなくて暇だったので、課徴金事例集を見ていました。

特に相場操縦の事例は、自分自身が株式の売買をするに際してやってはいけないことを認識できるだけではなく、こういう違法な手法に引っかからないようにするという意味でも読む価値があると思いました。

例えば以下のような事例が載っていました。

事例16
① 取引所において、後場の寄り前にいわゆる売り見せ玉と認められる売り注文を発注して、取引所の寄前気
配値段を下落させたうえ、
② PTSにおいて、下落させた取引所の寄前気配値段により誘引された他の投資者の安値の売り注文を買い付け、
③ 後場が始まる前に、売り見せ玉を取り消し、
④ 取引所において、後場寄りで売り抜ける

寄付き前の気配値にびびって、PTSで売りを出す投資家を鴨にするやり方のようです。

事例17
①取引所の寄り前の時間帯に見せ玉と認められる大量の買い注文を発注し(国内外21 社の証券会社に分散して発注)、株価を引上げ、
②PTSにおいて、売り注文を対当させるなどして売り抜けた上、
③取引所の前場開始前に上記見せ玉を取り消す行為を行っていた。

上記と逆で、寄付き前の気配値が高いのを見てPTSで買いを出した投資家を鴨にするやり方。
PTSを使った不正は結構多いんですね。

事例18
①連続して直前の約定値より高指値の買い注文を発注して株価を引き上げ
②買付けを推奨する書込みをインターネット上の複数の掲示板へ多数投稿
③他の投資家の買い注文により株価がさらに上昇したところで売り抜けた

私も上の板にある売り注文を数枚買うくらいのことはやったことありますが、どこまで買い上げたらダメなのかというのは、実際問題難しいところです。
この事例では、177 円の株価の株式を199 円まで、571 円の株価の株式を689 円まで買い上げたようです。

現在のポジション
四季報銘柄 1銘柄

川岸工業 (5921)は同値撤退しました。

「avexfreak氏の3つの動画をお届けするメール講座(期間限定)」

ebook250 avexfreak氏は、会社勤めをしながら株式投資を行っています。 資金管理と投資法について研究を重ねて、 優位性が高い方法をいくつか構築しました。

直近10年間の成績をご覧ください。
2003年:300万円→2000万円(+560%)
2004年:2000万円→3000万円(+50%)
2005年:3000万円→7650万円(+155%)
2006年:8000万円→9300万円(+16%)
2007年:10300万円→9450万円(-8%)
2008年:9350万円→7900万円(-15%)
2009年:7900万円→8430万円(+6%)
2010年:8430万円→9190万円(+9%)
2011年:9000万円→10500万円(+16%)
2012年:10000万円→10820万円(+8%)
2013年:10000万円→13650万円(+36%)

資産を2003年から45倍以上にしています。 中でも、avexfreak氏が9年間以上使い続け、 2,000万円以上の利益を出している手法が、 「会社四季報の先回り買い」です。

下記のメール講座ではavexfreak氏の3つの動画をメール講座とともにお届けします。
各講座ではavexfreak氏が実践する手法の中から「会社四季報の先回り買い」と 「ブレイクアウト投資法」を ご紹介いたします。

配信期間は限られていますので、今すぐお申込ください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)