日本航空電子工業(6807)に対するTOB

昨日、NECの日本航空電子工業(6807)に対するTOB実施が発表されました。
すでに5月31日にTOBの予定である旨発表されていたところ、独占禁止法上の手続等が完了する見込みとなったことから正式に実施が発表された案件です。

この案件のポイントは買取対象となる株式の上限が低めなのでTOB終了後の株価位置がどのあたりになるかという点だと思います。
この銘柄はボラティリティが結構高く、5月31日のTOBの実施予定発表後の株価もかなり大きく変動しており(6月以降の高値1738円安値1294円)、TOB終了後の株価位置を推測するのが難しい案件です。

TOB価格 1920円
上限株数 1000万株(発行済株式数の10.97%)
期間 平成28年11月29日から平成29年1月17日まで
公開買付代理人 日興証券
TOB発表前の5月31日の株価 1485円

「avexfreak氏の3つの動画をお届けするメール講座(期間限定)」

ebook250 avexfreak氏は、会社勤めをしながら株式投資を行っています。 資金管理と投資法について研究を重ねて、 優位性が高い方法をいくつか構築しました。

直近10年間の成績をご覧ください。
2003年:300万円→2000万円(+560%)
2004年:2000万円→3000万円(+50%)
2005年:3000万円→7650万円(+155%)
2006年:8000万円→9300万円(+16%)
2007年:10300万円→9450万円(-8%)
2008年:9350万円→7900万円(-15%)
2009年:7900万円→8430万円(+6%)
2010年:8430万円→9190万円(+9%)
2011年:9000万円→10500万円(+16%)
2012年:10000万円→10820万円(+8%)
2013年:10000万円→13650万円(+36%)

資産を2003年から45倍以上にしています。 中でも、avexfreak氏が9年間以上使い続け、 2,000万円以上の利益を出している手法が、 「会社四季報の先回り買い」です。

下記のメール講座ではavexfreak氏の3つの動画をメール講座とともにお届けします。
各講座ではavexfreak氏が実践する手法の中から「会社四季報の先回り買い」と 「ブレイクアウト投資法」を ご紹介いたします。

配信期間は限られていますので、今すぐお申込ください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)