本日の売買 5/30

前場に四季報銘柄2銘柄を購入しました。
先週木曜日から株価が調整したので安く買うことができました。

現在のポジション
四季報銘柄2銘柄

本日の売買 5/25

今日は四季報銘柄を1銘柄寄付きから成行で買って、その後ストップ高まで上昇したのですが、ストップ高から剥がれたところでふるい落されました。引けはストップ高でした。
14000円プラスになったからいいのですが、握力弱すぎです。

現在のポジション
なし

四季報投資の確定損益 +55万1000円

本日の売買 5/24

先週木曜日はちょうど相場の安値圏だったため、この日に購入した四季報銘柄はここまでに平均で10%を超える上昇をしてくれたのでここで一旦利食いを入れることにしました。
4銘柄売却して53万7000円の利益になりました。

現在のポジション
なし

四季報投資の確定損益 +53万7000円

コシダカPO

コシダカ(2157)は3000株配分があり、放置していましたが、今日繋ぎました。
今日、明日、明後日で逆日歩合計20円かかっても、さやが78円あるので十分耐えられます。
今週は木曜日までやることがなさそうです。

現在のポジション
四季報銘柄 4銘柄

本日の売買 5/18

続きを読む…

本日の売買 5/17

テラプロープ(6627)を平均1152円で売却しました。
12日に1154円で5000株売却したのと合わせて一連のトレードで46万円の利益になりました。
やはり人のお財布でリスクを取れるというのは最高ですね。

現在のポジション
なし

テラプロープ(6627)その後

テラプロープ(6627)は決算通過した月曜日にすぐ売れば1130円で売れたのにぐずぐずしていたら下がってきてしまいました。
決算の内容自体はいい内容でしたが、サプライズは特にありませんでした。
持ち越し自体は、勝ちでもなく、負けでもない結果に終わりました。
TOB終了の5月29日までに適当に売却するつもりです。

現在のポジション
テラプロープ(6627)@1122円買い10000株

テラプロープ(6627)

先週から今週にかけてテラプロープ(6627)にこつこつ指値を入れて平均1122円で15000株購入し、そのうち5000株は本日1154円で売却しました。
この銘柄は本日決算発表予定だったので、決算持ち越しを想定していました。
この銘柄の場合、5月29日まで1100円で上限なしのTOB期間中なので、決算の内容が悪くても1100円で買い取ってもらうことができる一方、決算の内容がよければ株価が上昇する可能性もあります。
決算の内容がいいかどうかの予測は一切してませんので、儲かるかどうかは分かりませんが、下値リスクが22円だけであるのに、リターンには制約がないので、期待値はプラスという判断です。
言い方を変えると、テラプロープ(6627)の1100円のプットオプションが無料配布されているので、ボラティリティが高くなる可能性がある決算発表時にこの無料オプションを利用した取引をしてみたということです。

(このタイミングまでポジションを記載しなかったのは、真似をされると安値で拾えなくなるからです。)

現在のポジション
テラプロープ(6627)@1122円買い10000株

個人投資家の特権

今の相場のように、全体が上昇している時に上昇の波に乗れていないと焦って、何か買わないといけない気分になることがあります。
しかし、焦って、自分が得意なやり方ではないやり方で買っても、ロクな結果になりません
焦って買って短期的には儲かることも損することもあると思いますが長期的にはあまりいい結果は望めません。

ベンチマークが上昇しているのに運用成績が悪いと最悪首を斬られてしますプロとは違い、自分が乗れる波をじっくり待って乗ればいいのが個人投資家の特権なので、ベンチマークとか、「持たざるリスク」なんて言葉は、個人投資家は一切気にしなくていいと思います。

指数が上昇したとか、他の投資家がどれだけ儲けたとかそういう情報には影響されず、自分のペースで、自分の投資をすればいいのです。

私も昨年11月以降のトランプ相場の上昇相場にはほとんど乗れていませんが、自分の得意分野の投資だけでもそこそこは稼げています。
相場の環境がいい時は、上昇相場による持ち株の上昇という直接の恩恵はなくても、他の売買も安心してやりやすいという意味では間接的な恩恵はあると思います。
来月は四季報発売があるので、四季報銘柄の売買と、PO案件やTOBがらみの案件などをやればいいかなと思っています。

本日の売買 5/8

日本航空電子(6807)を1591円で売却、18万円の利益。
今週は決算発表のピークなので、3月決算銘柄の決算チェックに時間を割きたいと思います。

現在のポジション
なし