RVH(6786)がたかの友梨ビューティクリニックを買収

最近は、積極的にM&Aをする会社の株が急騰するケースが多いので、買収案件があると、のれん代とかを自分なりに計算してみて、営業利益が増えるかどうかを確認する練習をするようにしています。

RVH(6786)が不二ビューティ(たかの友梨ビューティクリニック)を完全子会社化の開示を出しているので見てみました。(計算が合っているかは保証できません。間違いがあればご指摘ください)

不二ビューティ
平成28年9月期営業利益87百万円
平成 29 年9月期営業利益 352百万円(予想)
平成 30 年9月期:営業利益 542百万円(予想)

の会社を現金約54億円+RVH株約270万株で買収するとのことです。

約81億円の評価のようですが、これは高すぎませんか。。。

純資産1.2億の会社を、81億と評価して買うので、約80億円がのれん代になります。
約80億円ののれんを10年償却だと、営業利益8億円の押し下げ要因、20年償却だと4億円の押し下げ要因。

平成 30 年9月期営業利益 542百万円を達成したとしても、のれん代のマイナスが大きいので、当面、営業利益はほとんど増えなさそうです。

また、発行済み株式の約19%希薄化+現金54億円調達のための増資リスクのおまけつきです。

この開示を受けて株価が上昇するなら空売りしてやろうと思ったのですが、この銘柄空売りはできないのですね。。。
ということで、特にこの銘柄の売買をすることはなさそうです。

今流行のIFRSに移行して、のれん代の償却なしにして、見た目の数字をよくするつもりかもしれません。

 

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)