個人投資家の特権

今の相場のように、全体が上昇している時に上昇の波に乗れていないと焦って、何か買わないといけない気分になることがあります。
しかし、焦って、自分が得意なやり方ではないやり方で買っても、ロクな結果になりません
焦って買って短期的には儲かることも損することもあると思いますが長期的にはあまりいい結果は望めません。

ベンチマークが上昇しているのに運用成績が悪いと最悪首を斬られてしますプロとは違い、自分が乗れる波をじっくり待って乗ればいいのが個人投資家の特権なので、ベンチマークとか、「持たざるリスク」なんて言葉は、個人投資家は一切気にしなくていいと思います。

指数が上昇したとか、他の投資家がどれだけ儲けたとかそういう情報には影響されず、自分のペースで、自分の投資をすればいいのです。

私も昨年11月以降のトランプ相場の上昇相場にはほとんど乗れていませんが、自分の得意分野の投資だけでもそこそこは稼げています。
相場の環境がいい時は、上昇相場による持ち株の上昇という直接の恩恵はなくても、他の売買も安心してやりやすいという意味では間接的な恩恵はあると思います。
来月は四季報発売があるので、四季報銘柄の売買と、PO案件やTOBがらみの案件などをやればいいかなと思っています。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)