カブドットコム証券のプラチナプラン申込みしてみました

カブドットコム証券のプラチナプランに申込みをしてみました。

カブドットコム証券のプラチナプランとは、適用条件を満たした場合に、信用取引手数料が無料になるほか、信用取引の買方金利が0.92%優遇されるプランです。

●信用取引売買手数料無料
●金利優遇
制度信用2.06%(通常2.98%)
一般信用2.17%(通常3.09%)

プラチナプランの適用条件は下記のいずれか1つを満たす場合です。
●前月20日(約定日ベース)の信用建玉が15億円以上
●前々月21日から前月20日の新規建約定代金合計 30億円以上
●4月~9月の6ヵ月間、または10月~3月の6ヵ月間の期間の、ゴールドプランまたはプラチナプラン適用回数合計4回以上

プラチナプランの適用条件はかなり厳しいので、これまで適用になったことはなかったのですが、今年の7月から新規に追加された(3)の条件を満たしたので、プラチナプランの申込みができることになりました。

(3)の条件を満たした場合、6か月間のうち希望する月に1回だけプラチナプランを申込みすることができます。

もっとも、ゴールドプランでも信用取引の売買手数料は無料なので、ゴールドプランからプラチナプランになるメリットは、金利優遇が大きいという点だけです(ゴールドプランの金利優遇は0.3%に対してプラチナは0.92%)。

制度信用の買い建玉の月間平均残高が1億円だと仮定すると、支払う金利は以下のようになります。

プラチナプランだと、1億×2.06%×30/365=16万9315円
ゴールドプランだと、1億×2.68%×30/365=22万0273円
通常だと、1億×2.98%×30/365=24万4931円

こうして比較してみると、プラチナプランだと、金利の支払いが少なく、お得なのが分かります。
もっとも、私の場合、制度信用の買い建玉の月間平均残高はそれほど大きくないので、さほど恩恵はないです。

投資の教科書

投資の教科書に記事を執筆させて頂くことになりました。
1つの記事を書くのに3時間~5時間くらいかけて書いています。
まだ、記事は2つだけですが、今後充実させていくつもりです。

 

ストップロスをマスターして損切りができない投資家から卒業する方法

 

確実に損切りができるようになるために知っておいてほしいこと

 

よろしければご覧下さい。

 

 

 

 

本日の売買 8/9

直近安値を割れてきたテクノクオーツ(5217)を9800円で損切り、6万円の損失。
この銘柄で勝てないとなると、今は上方修正銘柄買って勝てる気がしません。
しばらく、守りを固めることを優先したいと思います。

現在のポジション
IPO マネジメントソリューションズ(7033)100株

本日の売買 8/7&8/8

昨日日本カーボン(5302)を6450円で300株購入して、本日6500円で売却しました。
15000円の利益。

現在のポジション
テクノクオーツ(5217)@10100円買い200株
IPO マネジメントソリューションズ(7033)100株

本日の売買 8/3

今日の急落はオーバーシュートだと判断して、山陽特殊製鋼(5481)を前場2527円で2万株買って、後場2560円で売却して66万円の利益になりました。

また、テクノクオーツ(5217)を10100円で200株購入しました。
この銘柄は、今回の決算シーズン入りしてからの上方修正した銘柄の中でも個人的に一番インパクトが強い銘柄だったのでマークしていました。

7月31日14:30に2019年3月期業績予想を上方修正
経常利益8.63億→14.04億、1株利益770円→1354.89円

現在のポジション
テクノクオーツ(5217)@10100円買い200株
IPO マネジメントソリューションズ(7033)100株

本日の売買 8/1

ダイトロン (7609)を2258円で売却して10万円の利益となりました。

現在のポジション
IPO マネジメントソリューションズ(7033)100株

7月の成績

7月の成績を集計しました。

1月 +44万1511円
2月 +664万1301円
3月 +775万2183円
4月 +6万8200円
5月 +17万5266円
6月 +4万2167円
7月  +218万9580円

合計 +1731万0208円

今月はIPOとオプションで利益が出ましたが、株式のトレードは全然ダメでした。
6月と7月を合わせて、トレード損益マイナスなので、足元の相場環境では私の実力では利益をあげられないということなのだと思います。
引き続き無理をしないようにしたいと思います。

(内訳概算)
先物、OP約 800万円
PO 約310万円
IPO約430万円
株式約190万円
合計 約1730万円