日経225オプション取引における呼値の単位縮小

日経225オプション取引における呼値の単位縮小が2018年7月17日の日中取引から実施されます。
具体的には、プレミアムの水準50円超100円以下における呼値の単位が現行の5円から1円に変更されます。
これによりオプション取引がしやすくなることが予想されます。

私の場合は、プレミアムの水準50円超100円以下のオプションを1回に50枚くらい売買するのですが、取引をする際に、呼値が5円開いていると成行で注文した時のコストが大きくて、かなり痛いです。

例えば、プレミアム50円買い55円売りという板の状況の時に、

指値で50円(×1000)で50枚買うことができれば、250万円ですが、
成行で55円(×1000)で50枚買うと、275万円なので、25万円も余計なコストを支払う必要があります。

これが呼値1円になって、板が詰まっているとすると、

プレミアム50円買い51円売りという板になり、

指値で50円(×1000)で50枚買う場合の250万円に対して、
成行で51円(×1000)で50枚買っても、255万円なので、余計なコストは5万円で済みます。

この呼値の開きが大きいことによるコストが小さくなると、オプション取引がしやすくなるので、かなり助かります。
あとは板がちゃんと詰まった状態になるかどうかに注目です。
呼値を縮小しても、板がスカスカで思った価格で売買できないようだとあまり意味がないからです。

上総介氏の投資手法を期間限定で初公開!

250万円で始めて2億円を稼ぎだした人気トレーダー上総介氏の投資手法を動画で初公開しています。期間限定の公開となりますので、お早めにご覧ください。
slide1
【2月7日(木) 18:00 第1回動画公開スタート】
「15分で約27万円の利益をあげた逆張りトレード手法」
1回目の映像では13年間の株式投資で資産を2億円に増やした 専業投資家の上総介氏が実践している投資方法の中からデイトレードについて 非常に有効な方法を事例や根拠とともに紹介しています。

【2月11日(月) 18:00 第2回動画公開スタート】
「上総介の2%ルールとは?」
2回目の映像では上総介氏がスイングトレードにおける、 損切りやポジションサイジング、また、利益確定の位置などの設定方法を 具体例を用いてお伝えいたします。その他、投資の正しい考え方や、 人間心理の理解についても合わせてお話します。

【2月14日(木) 18:00 第3回動画公開スタート】
「利益を最大化する防御の理論」
3回目の映像では上総介氏が自身のトレードの土台としている 「防御の理論」について、その理論や考え方についてお話します。 この防御の理論は13年間の株式投資で資産を2億円に増やした 上総介氏の成功の秘訣となっていますので必見です!

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のフォームから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する