本日の売買 5/31

日総工産(6569)を1486円で売却して52000円の利益になりました。
日経平均日足チャート崩壊したので、この先は厳しいと思います。
現在のポジション
ロコンド (3558)@1027円買い3000株
ファンデリー(3137)@1611円買い1000株
ウェルス(3772)@1800円買い1000株

本日の売買 5/30

四季報の更新銘柄の中から、ロコンド (3558)、ファンデリー(3137)、 ウェルス(3772)を買いました。

現在のポジション
日総工産(6569)@1460円買い2000株
ロコンド (3558)@1027円買い3000株
ファンデリー(3137)@1611円買い1000株
ウェルス(3772)@1800円買い1000株  

本日の売買 5/29

オプトエレクトロニクス(6664)を850円で損切りしました。6万円の損失。
やはり、下落相場で買いで儲けるのは難しいですね。
もうすっかり諦めモードです。
現在のポジション
日総工産(6569)@1460円買い2000株

本日の売買 5/28

四季報先取り記事を見て、独自増額のオプトエレクトロニクス(6664)を880円で2000株買いました。
現在のポジション
日総工産(6569)@1460円買い2000株
オプトエレクトロニクス(6664)@880円買い2000株

本日の売買 5/23

四季報更新銘柄の中から、日総工産(6569)を1450円と1470円で各1000株購入しました。
現在のポジション
日総工産(6569)@1460円買い2000株

本日の売買 5/21

751円で1万株購入した廣済堂 (7868)ですが、722円で損切りして、29万円の損失。
5万円狙いで29万円の損失とか。酷すぎて救いようがないです。
もう今月は四季報がらみ以外のトレードは一切しません。
現在のポジション
なし

廣済堂 (7868)

751円で1万株購入した廣済堂 (7868)ですが、本日TOB価格の750円を割れてしまいました。
5~6円抜こうと考えて、その何倍もやられるダメトレードでした。
しかも損切りも遅れて二重にダメトレードです。

現在のポジション
廣済堂 (7868)@751円買い1万株  

本日の売買 5/16

四季報更新銘柄の中からデジタルガレージ (4819)を買おうと思ったのですが、指値が約定しませんでした。
廣済堂 (7868)はずっと、752円と751円で買い指値を入れていたのですが、昨日752円で一部約定し(売却ずみ)、本日751円が全部約定しました。
TOB期間中に750円は割れないと思うので、適当にさやが抜ければという目論見です。
現在のポジション
廣済堂 (7868)@751円買い1万株

売買ルール

10年くらいトレードのルールを見直ししていなかったので、見直ししてみました。

(1)1銘柄への投資は投資資金(約22000万円)の10%まで

(2)1トレードで許容する損失は投資資金の1%まで

(3)トレード前にそのトレードで許容する損失額を決めること

(4)25日移動平均線を下回っている銘柄を買わないこと(暴落時の逆張り、イベントものを除く)

(5)日足上昇トレンド銘柄の空売りをしないこと(イベントものを除く)

(6)売買代金が300万円/日 以下の銘柄を売買しないこと

(7)計画的でないナンピンはしないこと

(8)先物、ダウ先物、ドル円が揃って上昇している時に先物に売りを入れないこと

(9)暴落時の逆張り買いシグナルが出てから1か月は先物の売りをしないこと

(10)上記ルールに違反した場合、3日間売買禁止

上記ルールはTOB、POの売買の場合は適用しません。


株の売買については、今のままでもそれほど大きく逸脱していないように思います。
もっとも、株の売買で大損するパターンというのはいくつかあります。

1 イベント系でナンピンして大損。
2 ボラの高いIPO銘柄でナンピンして大損。

この2つが多いような気がします。

私の場合、1銘柄に投入する資金の投資資金に対する割合かなり小さい(通常1%~2%)ので、ナンピンなしで、3桁の損失が出ることはほとんどないです。

そして、先物でも3桁の損失を出したときは、必ずナンピンを行っています。

こうしてあらためて考えてみると、ナンピンこそが諸悪の根源、滅亡への近道だということがよくわかります。

オプション取引結果

昨日の大引け時点で5月限のオプションは以下のポジションでした。
プット22000円@150円買い16枚
プット21250円@45円売り48枚→41円買い戻し
しかし、インザマネーになっているプット22000円は、売買がなくて売却できないという状態でした。
そこで、プット22000円を16枚売る代わりに、先物ミニを160枚買って以下のポジションにしました。
プット22000円@150円買い16枚
先物ミニ160枚買い
これで、22000円以下では、指数に関係なく損益が一定になります。
もっとも、これでは22000円から上は、先物の分だけ利益が出ます。
そこで、22000円から上の損益をフラットにするために、コール22000円を16枚を売って、以下のポジションにしました。
プット22000円@150円買い16枚
コール22000円@13円売り16枚
先物ミニ@21595円買い160枚
これで、明日のSQ値に関係なく448万円の利益となります。