日経平均臨時入れ替え

「日本経済新聞社は8日、日経平均株価.N225を構成する225銘柄にオムロン(6645.T)を採用すると発表した。みなし額面は50円。一方、パイオニア(6773.T)が除外される。入れ替えは18日に実施される。」

「パイオニアに約16億円の売り需要、オムロンに約1188億円の買い需要が発生する。差額分を埋めるキャッシュ作りのために他の225構成銘柄などに広く売りが出ることが予想され、「指数全体には結構なネガティブインパクトになる」(外資系証券)とみられている。」

ロイターから引用

最近の入れ替えイベントは、採用候補銘柄のうち、採用銘柄がそれほど上昇しないのに対して、採用されなかった銘柄の下落が大きい場合もあり、銘柄を決め打ちして持ち越しギャンブルしても報われないケースが多い印象でした。
前回は2018年12月11日。日新製鋼(5413)上場廃止によりDIC(4631)が新規採用されました。
発表前の終値→発表後の終値を見ると以下の通りです。

DIC(4631) 3330円→3485円 +4.6%
その他の候補
LIXILグループ<5938>1384円→1288円  ▲7.0%
東洋ゴム工業<5105>1591円→1542円 ▲3.1%
積水化学工業<4204>1771円→1780円  +0.5%
三菱ガス化学<4182>1685円→1695円  +0.6%

しかし、今回は発表日(3/8)から組み入れによる買い(3/15大引け)までが1週間と通常よりも短いため、インパクトが大きく出ることが予想されます。
オムロン(6645)を少し金曜日に買って持っているのでポジショントークです。