売買ルール

10年くらいトレードのルールを見直ししていなかったので、見直ししてみました。

(1)1銘柄への投資は投資資金(約22000万円)の10%まで

(2)1トレードで許容する損失は投資資金の1%まで

(3)トレード前にそのトレードで許容する損失額を決めること

(4)25日移動平均線を下回っている銘柄を買わないこと(暴落時の逆張り、イベントものを除く)

(5)日足上昇トレンド銘柄の空売りをしないこと(イベントものを除く)

(6)売買代金が300万円/日 以下の銘柄を売買しないこと

(7)計画的でないナンピンはしないこと

(8)先物、ダウ先物、ドル円が揃って上昇している時に先物に売りを入れないこと

(9)暴落時の逆張り買いシグナルが出てから1か月は先物の売りをしないこと

(10)上記ルールに違反した場合、3日間売買禁止

上記ルールはTOB、POの売買の場合は適用しません。


株の売買については、今のままでもそれほど大きく逸脱していないように思います。
もっとも、株の売買で大損するパターンというのはいくつかあります。

1 イベント系でナンピンして大損。
2 ボラの高いIPO銘柄でナンピンして大損。

この2つが多いような気がします。

私の場合、1銘柄に投入する資金の投資資金に対する割合かなり小さい(通常1%~2%)ので、ナンピンなしで、3桁の損失が出ることはほとんどないです。

そして、先物でも3桁の損失を出したときは、必ずナンピンを行っています。

こうしてあらためて考えてみると、ナンピンこそが諸悪の根源、滅亡への近道だということがよくわかります。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する