本日の売買 2/23

今日は、新規に四季報銘柄を1銘柄購入しました。
また、保有している四季報銘柄のうち需給のよくない1銘柄を同値で売却しました。
ここまでのところ、今回は四季報投資にはいい相場環境のような気がしています。

現在のポジション
四季報銘柄1 1400株
四季報銘柄5 2000株
四季報銘柄6 2000株

IFRSのIPO案件

IFRSを任意適用することでのれん代償却をなくして、見た目だけよくして上場するのが昨今のはやりです。

少し前の記事ですが、東洋経済の「のれん対株主資本ランキング」を見ても、IFRS適用のIPO案件が上位に入っています。

3位 ベルシステム
6位 コメダ
9位 すかいらーく

特に非上場化して、IFRS任意適用にして見栄えよくして再上場の案件は嵌め込み案件という印象しかなく、正直嫌気がさします。

3月に再上場のマクロミルもこのパターンです。
お付き合いで買うことになりそうなので憂鬱です。

個人投資家の資金繰り

カルソニックカンセイ(7248)が一時前日比3円安の1282円まで下落しました。
TOB価格1290円との鞘は8円まで拡大し、配当権利落ち後では最大となりました。
PO、売出案件が次々に出てきているため、個人投資家の資金繰がタイトになってきていることが影響してそうです。
こういったTOB案件、PO案件、大型IPO、指数イベント案件などは同じ投資家の資金がぐるぐる回っているので、ある案件が終了して資金が解放されると、他の案件に資金が流入するといった資金の流れがあります。
その資金の流れを押えておくと先回り買いができる可能性がありますので、資金の流れを観察しておくと面白いと思います。

PO、売出スケジュール
2/21~ ミッドシティ(3227)
2/22~ ドリコム(3793)
2/27~ テンプスタッフ(2181)
2/28~ WDB(2475)、大成ラミック(4994)、さくらインターネット(3778)
3/1~ 大垣共立銀行(8361)

TOB案件
3/22まで 日立工機(6581)、カルソニックカンセイ(7248)
3/29  決済

大型IPO
3/22 マクロミル(3978)

本日の売買 2/17

今日は、押し目を形成した四季報銘柄を1銘柄購入しました。
本日、特別配当落ちのカルソニックカンセイ(7248)に注目していましたが、ごくごく平穏な権利落ちでした。
やはり2案件目になると、おいしい局面はあまりないですね。

現在のポジション
四季報銘柄1 1400株
四季報銘柄4 400株
四季報銘柄5 2000株

本日の売買 2/16

本日は、四季報オンラインの更新を踏まえて内容のいい銘柄を2銘柄購入しました。

現在のポジション
四季報銘柄1 1400株
四季報銘柄5 2000株

本日の売買 2/15

ブロードリーフ(3673)は641円で損切り、29万5000円の損失。
AOITYOHoldings(3975)で損切り、14400円の損失。

昨日IFRSを任意適用した業績予想を発表したリンクアンドモチベーション(2170)も本日は急落。
こちらは保有していませんでしたが、持ち越しを検討していた銘柄でした。
決算持ち越しは難しいですね。。。

現在のポジション
なし

リンクアンドモチベーション(2170)

この会社も平成29年12月期より国際会計基準(IFRS)を任意適用しています。
前期約7.3億円あったのれん代償却がなくなるので、営業利益の見栄えがよくなっています。

28年12月期営業利益実績(日本基準)19.24億
29年12月期営業利益予想(IFRS) 30.00億
29年12月期四季報予想(日本基準) 20.00億

決算持越し

決算持越しの2銘柄は明暗が分かれました。

①ブロードリーフ(3673)
まず、IFRSを任意適用した後の業績予想に注目していたのですが、数字は予想外に悪かったです。
IFRS任意適用で6億円くらい下駄を履いてこの数字では。。。

平成28年12月期営業利益実績(日本基準) 22.27億
平成29年12月期営業利益予想(IFRS)   20.00億

もっとも、配当が四季報予想の19円よりも3円多い22円になっている点は、利回りを0.4%ほど押し上げるので、株価の下支え要因にはなると思います。

②AOITYOHoldings(3975)
優待新設に期待して持越ししたのですが、きっちりと優待新設をしてくれました。
しかも、AOI時代の優待と比較して1.5倍から2.5倍に拡充されました。

業績予想については四季報以下ですが、控えめに出して上方修正する会社なので個人的にはあまり気にしなくていいかなと考えています。

新しい優待基準
500 株以上保有 クオカード 3,000 円分
1,000株以上保有 クオカード 5,000 円分
2,000株以上保有 クオカード 10,000 円分

AOI時代の優待基準
500株以上保有 クオカード2,000円分
2,000株以上保有 クオカード 5,000円分
5,000株以上保有 クオカード 1万円分

IFRSの任意適用

続きを読む…

すかいらーく(3197)

昨日株主優待金額を一気に3倍にすることを発表したすかいらーく(3197)
1000株保有の場合で、年間優待金額23000円→69000円に増額。
前日終値1540円で計算すると優待利回り4.48%!
配当年間40円と合計すると7.08%。
しかし、寄り付きから大株主の売りなのか凄まじい売り圧力で、寄り天のあと前日比変わらず付近まで下落したのには驚きました。
株価を決めるのは、需給だということを思い知らされる驚愕の値動きでした。

私も優待目的で1586円で1000株買って現引きしました。

現在のポジション
ブロードリーフ(3673)@700円買い5000株 2/14本決算
AOITYOHoldings(3975)@860円買い1600株 2/14本決算