ポジション解体

1月末から保有していた3月限のプットオプションをナイトセッションで清算しました。
このまま持っていれば最大1875万円の利益になるお宝ポジションではありましたが、SQ持ち越しは完全に運任せになってしまいますし、先物21700円台で含み益が最大になったので手堅く利食いました。

22500円P 870円×5売り
21750円P 395円×10買い
21000円P 185円×10売り
22500円P 880円×5売り
21750円P 405円×10買い
21000円P 190円×5売り
22500円P 885円×3売り
22500円P 890円×2売り
21750円P 415円×4買い
21750円P 410円×6買い
21000円P 190円×5売り
22500円P 880円×1売り
22500円P 870円×4売り
21750円P 410円×10買い
22500円P 855円×5売り
21000円P 190円×5売り
21750円P 395円×10買い

このポジションは先日の暴落時のトレードでコスト0円になっていたので、売却額635万円が利益になりました。

本日の売買 2/22

今日は四季報オンラインの更新銘柄から2銘柄新規に買ってみました。
再度相場の雰囲気が怪しくなってきたので、あまりロットは入れていません。

現在のポジション
四季報銘柄2 買い3000株
四季報銘柄3 買い1000株
四季報銘柄5 買い1000株
四季報銘柄8 買い1000株

ラクオリア(4579)

今日は、マイナス乖離の大きい銘柄の中からラクオリア(4579)を寄り買いしてみました。

前場のうちからどんどん上昇したのですぐに売却。7万ほど儲かって喜んでいたのですが。。。

後場ストップ高の2091円まで上昇(涙)

私は握力弱いので、こういうことがよく起きます。
握力弱いので逆張りトレードは向いてないのかもしれません。

リバウンド やっと来たけど 売ったあと

これは暴落あるあるですね。

リバウンド狙いで買いに入ってから、ポジション持っている間の時間の長いこと長いこと。
昼間はもちろんのこと、夜間も先物の値動きが気になって寝不足気味に。
昨日のようにちょろっと上がったところで大方売ってしまって、そのあとに本格的なリバウンドがやってきます。
これ何度も経験して頭で理解はしているのですが、持っているのがつらくて早売りしてしまうんですよね。

やっぱり性格的に逆張り買い向いてないのかもしれません。
24時間気絶できて、体に悪くない薬があったら買いたいです(笑)

本日の売買 2/15

昨日購入のエスケーエレクトロニクス (6677) は2100円で売却して13万2000円の利益。
高田機工 (5923) は4300円で売却して5万5000円の利益。
ディジタルメディアプロフェッショナル (3652)は6620円で売却して26万円の利益。
シェアリングテクノロジー (3989)は2375円で売却して10万8000円の利益。
四季報銘柄2銘柄と昨日上方修正を発表したダイアモンド電機(6895)を5840円で新規に購入しましたがダイアモンド電機(6895)はストップ安になったので損切りしました。9万円の損失。

現在のポジション
四季報銘柄2 買い3000株
四季報銘柄3 買い1000株

逆張り買い指標

(1)松井証券信用評価損率
転載不可なため表記しません。

☆20を超えると底値圏を意識

(2)日経平均の25日移動平均乖離率
2016年2月12日    -11.9%
2018年2月14日安値 -9.89%

☆10%を超えると底値圏

(3)新安値銘柄数(東証1部)
2016年2月12日 994銘柄
2018年2月14日 162銘柄

☆平時では300~500あたりで底値圏

(4)25日移動平均線からのマイナス乖離25%以上の銘柄数(ヤフーファイナンス)
2016年2月12日 357銘柄
2018年2月14日 73銘柄(大引け)

2016年2月と比較すると全体的にまだまだですが、指数の25日移動平均線乖離率と、25日移動平均線からのマイナス乖離25%以上の銘柄数を見る限り、今日は逆張りの買いのタイミングだと思います。

買い出動

25日移動平均線からのマイナス乖離の銘柄数の推移を見て、今回の急落相場の中で最も投資家心理が冷え込んだと感じたので、前場で第1弾の買い出動しました。
マイナス乖離銘柄とこの暴落にもかかわらず強い銘柄と両方買ってみました。

現在のポジション
ディジタルメディアプロフェッショナル (3652)@6100円買い500株
シェアリングテクノロジー (3989)@2267円買い1000株
エスケーエレクトロニクス (6677) @1968円買い1000株
高田機工 (5923) @4190円買い500株

今週の相場について

先週金曜日ナイトセッションがお休みの間に、シカゴ日経225先物が20525円の安値をつけました。
そこから大きく戻って、先物が21600円台スタートされても、先週末の安値を見ていると怖くて買いづらいというのが一般的な心理ではないでしょうか。
個別株の値動きをみていても、寄り天のものも多く、あまり持ちたくないという投資家心理が現れているように感じます。
しかし、個人的には、20525円は日経平均の25日移動平均線マイナス乖離率ジャスト12%の水準でセリクラと言っていい局面だったと思いますし、強力な逆張り買いのシグナルでもあるので、今週は意外としっかりとした戻り相場になりそうな気がしています。
少なくとも戻り局面を先物で売り向かうのは危ない気がしています。

相場観的なことは当たることもあれば外れることもあるので、あまり書かないようにしているのですが、金曜日の夜間に20525円をつけて、先週火曜日に続いて2回目の逆張り買いシグナルと判断したので、書いています。

 

大引け後加筆:前引け後上記記事書いたところ早速曲げています。買いポジションはないので次の買い場待ちです。

本日の売買 2/7

高田機工 (5923)は4180円で売却して、15万円の利益。
新家工業 (7305)は2700円で売却して、11万500円の利益。
あとは、コスト0円になったプットオプションのロングバタフライをそのまま放置しています。

現在のポジション
なし

久しぶりの暴落相場

短期間で日経平均で2000円幅の下落というのはおそらく、2016年6月以来ですね。

今日は、日経平均の25日移動平均線マイナス乖離率10%(21183円)あたりから、先物を小ロットで買い下がる逆張りトレードをしました。

21180円 5枚 買い
21080円 5枚 買い
21380円 10枚 売り
25万円の利益

あとは、先物が21100円まで下落したところで、ロングバタフライを組んだプットオプションのうち、3月限21000円プットを700円で5枚売却して、ナイトセッションで445円で買い戻しました。127.5万円の利益。

あとは決算内容がいい銘柄を拾っておきました。

現在のポジション
高田機工 (5923)@ 3880円 買い500株
新家工業  (7305) @2479円 買い500株