逆張り指標

新安値銘柄数だけは基準に達してますが、全体的には、指標上は逆張り買い水準ではないと思います。

(1)信用評価損益率
2016年2月12日松井証券の信用評価損益率(買い)-25.918
2017年4月6日松井証券の信用評価損益率(買い) ???
☆20を超えると底値圏を意識

(2)日経平均の25日移動平均乖離率
2016年2月12日-11.9%
2017年4月6日 -3.4%

☆10%を超えると底値圏

(3)新安値銘柄数(東証1部) 底値圏
2016年2月12日 994銘柄
2017年4月6日  632銘柄

☆平時では300~500あたりで底値圏

(4)25日移動平均線からのマイナス乖離25%以上の銘柄数(ヤフーファイナンス)
2016年2月12日 357銘柄
2017年4月6日 5銘柄

(5)VIX指数
2016年2月12日 28.14
2017年4月6日 13.11

売買なし

久しぶりの急落相場が来ていますが、まだ逆張り指標的にも暴落買いの基準に達していないので、ここはひたすら様子見継続です。

暴落時の逆張りは、買えないなら買えないでいい、買えたらラッキーくらいの気持ちでやらないと、早く買いすぎてやられてしまいます。
せっかくキャッシュ100%の状態なのに、安易に買いに行って捕まることは避けたいと思っています。

様子見

昨年11月以降は、下がったところを買っておけば儲かる相場が続きましたが、その環境、やり方に慣れすぎてしまうと、下落相場に転じた時に、思いっきり喰らってしまいます。
そろそろ、11月以降の上昇相場終了の可能性が出てきたので、やり方を変えていった方がいい局面かもしれません。
指数の下げ以上に雰囲気が悪く個人的には買いポジションもないので、慌てて買いに行かず、しばらく様子を見たいと思います。

3月の成績

3月の成績を集計しました。

1月 ▲43万1275円
2月 +238万9190円
3月 +601万6415円

合計 +796万4330円

コメント:友人トレーダーの上総介さんから教えてもらったみんなのウェディングで約300万円の利益が出たほか、四季報投資、IPO、POなどで満遍なく利益が出て大きめのプラスになりました。3月は案件がたくさんあってうれしい反面疲れました。

本日の売買 3/31

ほとんど動かない日本コロンビア(6791)は696円で売却、14000円の利益。
同じく動かないマクドナルド(2702)は3250円で売却、1万円の利益。
四季報の場合は別ですが、ポジションを取って数日待って動かない時は、撤退することが多いです。

現在のポジション
なし

本日の売買 3/30

3月優待の権利取りを現引き余力限界まで取ったのですが、優待で現渡しした場合、受渡日の4月3日まで余力が回復しないということに今頃気がついて焦りました。
カブコムで4月優待のロックフィールド(2910)を4000株(1万円×4名義分)抽選でゲットしたのはいいのですが、余計に余力がなくなって、何もできない1日でした。

こんなに早く優待取って儲かるのか計算してみました。
別にカブコムの回し者ではありませんが、優待1万円取るのにコストが2163円なので一応は儲かるみたいです。

(信用手数料無料の前提)
コスト=貸株料:ロックフィールド1880円×1000株×貸株料1.5%×28日分/365日=2163円

ロックフィールドの優待のいいところは、1000株まで100株と同じ比率で優待がもらえるところと、RF1のサラダの家族受けがいいことですね。

現在のポジション
日本コロンビア(6791)@689円 買い2000株
マクドナルド(2702)@3255円 売り2000株

本日の売買 3/29

昨日、フェイス(4295)と日本コロンビア(6791)の株式交換が発表されました。
効力発生日が8月1日で、日本コロンビア(6791)1株に対し、フェイス(4295)0.59株交付。
さやが4%~5%開いて日本コロンビア(6791)が割安だったので、とりあえず打診買いしてみました。
今日は場が引けてから、昨日から注目銘柄に追加した銘柄がまだ買ってないのに+12.59%上昇したことに気がつきショックでした。

現在のポジション
日本コロンビア(6791)@689円 買い2000株
マクドナルド(2702)@3255円 売り2000株

優待改悪のマックを売ってみました

丸順(3422)を660円で売却、13万6000円の利益。
株主優待で選べる商品(「クォーターパウンダー・チーズ」&「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」)を減らす形で優待改悪を実施したマクドナルド(2702)を売ってみました。
これから、優待を使って食べようと思ったらダブルクォーターパウンダー・チーズがないとか、優待をチケットショップで売ろうとしていつもより買取価格が低いということで、しばらくしてから優待が改悪されたことに気付く投資家が増えるのではと考えて売ってみました。
普通の優待改悪であればすぐに株価急落ですが、株主がすぐに気がつかない形で改悪したので、じわりじわりと株価にマイナスの影響を与えそうです。
もっとも、上昇トレンドにあるのを敢えて売ったのでダメそうならすぐに撤退します。

現在のポジション
マクドナルド(2702)@3255円 売り2000株
4月3日加筆:本日付でマクドナルドが、「クォーターパウンダー」に代わる新たな定番商品「グラン」シリーズを5日から投入というニュースが流れました。グランクラブハウスのバリューセットは、ダブルクォーターパウンダー・チーズのバリューセットと比較して30円安いだけのようなので、それならば、優待改悪という認識は間違いだったことになります。

 

3月末優待

以下の銘柄の優待をカブドットコムの一般信用で取得しました。
昨年100銘柄以上取って、郵便とか宅配とか多すぎて大変だったので、今回は金券中心にして半数以下に絞りました。

サンヨーH (1420)
高松G (1762)
西電工 (1937)
塩水糖(2112)
M&A (2127)
ミツコシイセタン(3099)
OCHI・HD (3166)
日商開発 (3252)
プレサンス (3254)
ユニゾHD (3258)
サンマルクHD(3395)
ティーガイア (3738)
カーリットHD (4275)
ぴあ (4337)
オリエンタルランド(4661)
BML (4694)
ユー・エス・エス(4732)
OBC (4733)
JCU (4975)
三谷セキ (5273)
東京鉄(5445)
コロナ(5909)
日東工器 (6151)
フリュー (6238)
オイレス工(6282)
平和 (6412)
マース(6419)
福島工業 (6420)
全国保証 (7164)
日信工業 (7230)
TSテック (7313)
ゼンショーHD (7550)
ツツミ (7937)
JSP (7942)
サンリオ (8136)
モスフード(8153)
ソーダニッカ (8158)
木曽路 (8160)
サトRS (8163)
伊予銀 (8385)
山口FG (8418)
芙蓉リース (8424)
興銀リース (8425)
東センチュリー(8409)
リコーリース (8566)
オリックス (8591)
JPX (8697)
フジ住 (8860)
JR西日本 (9021)
ANA(9202)
ピーシーエー (9629)
ヤマダ電 (9831)
松屋フーズ (9887)

合計53銘柄

「最強のファンダメンタル株式投資法」

週末に、アマゾンで予約購入したv-com2さんの新刊「最強のファンダメンタル株式投資法」を読破しました。
普段、私がそれほど深くは追及しないファンダメンタルについての詳細な解説は勉強になりました。
特にIFRSなど会計基準の変更についての内容は、最近興味のある分野だったのでとても参考になりました。
もともと、IFRSの任意採用で、中身は変わらないのに、みかけの数字がよくなって、株価に影響する現象は、v-com2さんのライザップの記事を読んで、決算持ち越しで儲けてから興味を持っていました。
その後も注目していた第一化成がIFRSの任意採用した中期経営計画で株価が倍化するのを目の当たりにして、IFRSの任意採用銘柄はマークするようになっています。

ファンダメンタルの基本をしっかりと固めた上で、ちょっと難しいことにも挑戦できる内容の良書だと思います。