ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ

「ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ」を読み終えました。
この本は、彼の持論である再帰性理論についての説明の部分が多いです。
再帰性理論とは、金融市場は、それ自身が市場に影響を与えてしまうため、将来を正しく織り込むということはできないという理論です。
分かりやすい例を挙げると、理屈では考えられないような高値で取引されている株があるとします。
一時的に株価が上がり過ぎてもいずれは、理屈で考えられる水準まで戻ると考えるのが均衡状態に向かうという現在の経済学では主流の考え方です。
しかし、著しく株価が高い状態で、時価発行増資をして資金を調達して、それで、積極的に新規事業やM&Aを行うとどうなるでしょうか。
すると、みるみる成長性が高くなり、1株利益も大幅に増えてくるということはありえます。
すると、ファンダメンタルズが改善し、市場の評価が高くなり、さらに株価が上昇するということが起こりえます。
これは、株価が高くなることが、その銘柄のファンダメンタルズに影響して、さらにそのファンダメンタルズが株価に影響してくる可能性があることを示しています。

この本において、現在の金融危機については、1930年代の大不況以来、誰も体験したことのないほどに深刻な金融危機であり、危機が起きてまた去るというものではなく、1つの時代の終わりになると指摘しています。
そして過去25年で繰り返し金融危機が起きているのは、現在の経済学の間違いに原因があると説きます。
現在の経済学の考え方は、金融市場は一時的に行き過ぎることがあっても長期的には均衡点に向かって収斂する、つまり、価格は理論的な均衡値からランダムに乖離していくものだとしています。
しかし、この考え方は、乖離が理論的な均衡値を変えてしまうという点で正のフィードバックが作用する可能性を考慮していない点で間違えだというのです。

彼は金融危機が発生するのは、現在の金融理論が間違っているからだと主張していますが、少なくとも金融理論に対する過信によるリスクの過小評価が金融危機の背景にあることは間違いないように思います。

本書は、再帰性理論の説明をメインとしていて哲学的で難解な部分も多いですが、全体としては面白かったです。

ただ、今回の金融危機が金融システムの崩壊につながると指摘するのみで、今後どうなるか、どのように対応すべきかという部分についての記述はないので、投資指南書的なものは求めない方がいいと思います。

本日のポジション
東海カーボン(5301)買い6000株
コマツ(6301)買い2000株

セイラー教授の行動経済学入門

週末に「セイラー教授の行動経済学入門」を読みました。

伝統的な経済学が前提とする、「自己利益の最大化」のために「最も合理的な」選択をするという人間行動の原則では説明のつかない事例にスポットを当て、説明しています。
株式市場や為替に関する記述の部分は面白かったのですが、「行動経済学入門」とあるわりには、それなりの経済学の素養がないと読んでも理解できない部分もあり、全体としてかなり難解でした。
また、昨年発売ですが、1998年発行『市場と感情の経済学』の改題新版ということで、実験データなどは最新のものではないようでした。

行動経済学に興味を持ったので読んでみようという段階の方におすすめとは言えない本です。がっつり勉強したい人向けでしょうか。

行動経済学の入門書では、「行動経済学入門」の方が分かりやすいのでおすすめです。

本日のポジション
武田薬品工業(4502)買い1000株
セブン&アイ・ホールディングス(3382)買い2500株

「ハゲタカ」

すでにNHKでドラマ化されている「ハゲタカ」を読みました。
主人公の海外投資ファンド社長が、資金力と情報収集力を駆使して、バブル崩壊後の日本で、敵対するファンドによる妨害や、買収先の経営者からの反発を受けながら瀕死の企業を次々に買収するという話です。
投資ファンドと買収される企業との攻防、不良債権買取における銀行とのやりとり、情報を駆使して相手を篭絡して様子など、意外に泥臭い買収ファンドの舞台裏が描かれていて非常に面白いです。
上下巻で900ページ以上あるのですが、息をつかせない展開の連続で面白くて3連休含めて5日間で読んでしまいました。
株式投資と直接関係ないですが、息抜きにはちょうどいい本なのでおすすめです。

本日のポジション
なし
(他に投資信託あり)

武豊騎手のインタビュー記事

「企業を振り回すギャンブル化進む個人マネー」という記事が気になってWEDGE11月号を購入しました。
その記事よりも面白かったのは、P73に記載されていた武豊騎手の記事です。

「競馬の基本は負けることです。負けることはふつうのことなんです。だから、負けたらダメだとは思いません。それよりも負け方をきちんと分析し、研究して、いかに次の勝ちにつなげていくかを考えることが大切です。」
「勝った以上にものすごい数を負けていて、同じ負けはひとつもない。そのすべての負けを研究するんですよ。無駄な負けはひとつもないくらい。」

以上、WEDGE11月号から引用。

負けを認めて、その負けと正面から向き合うことができるかどうか、それが負けによって成長できる人間とできない人間の分かれ目なのでしょうね。
負けることがダメなわけではなく、それを次にどういかすかが大切という考えはそのまま株式投資にも当てはまるものだと思います。
興味がある方は一読してみてください。

本日のポジション
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン(4296)買い10株

「スタバではグランデを買え!」

「スタバではグランデを買え!」を読みました。
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』がヒットして以来、会計学の本がはやっているようですが、個人的には、本家『さおだけ屋』を越える面白さでした。

「同じモノがすぐ近くで異なる価格で売られていて、どちらで買う人もそれなりにいるのはなぜか?」
「家電量販店の立地が集中するのはなぜか?」
「各社の主力商品が似ているのはなぜか?」
「同じ商品に対して多くお金を出す人には高く、少ししかお金を出さない人には安く売るにはどうすればいいか?」
「子供の医療費無料化は子育て支援になるか?」
等の身近な問題について、会計上の視点だけでなく、筆者独自の視点から、分析されており、普段から飲食店や小売店に行く度に利益率はどれくらいかと四季報を見てしまう私にはかなり面白かったです。
本家『さおだけ屋』は、身近な疑問に対する謎解きで終わってしまっている部分も多いと感じましたが、この本は、普段の生活において考え方を応用できる場面が多いような気がしました。
自分の生活範囲にある物の原価がよく気になるという人にはおすすめです。

本日のポジション
富士通(6702)買い1000株

波のうえの魔術師

連休中に石田衣良著の「波のうえの魔術師」を読みました。
プータロー青年だった主人公が謎の老人と出会い、株式投資のイロハを叩き込まれ、ある復讐のために仕掛けを行うという物語ですが、読み物としてなかなか面白く数時間一気に読んでしまいました。
1998年から2000年ころの実際の出来事などと結びつけて描かれているので、銀行株の暴落の様子などリアリティがあり、臨場感もなかなかです。
また、文章はとても読みやすいのですが、バブル経済の際に販売された変額保険の問題点など深刻な問題についても読みやすく書かれています。
もっとも、企業の株価を下げることがその企業に対しての復讐になるかという点は個人的には大いに疑問なのですが。。。
あまり深く考えずに読めば十分面白いです。

本日のポジション

セキチュー(9976)買い1000株
東電(9501)売り1000株

金融商品の罠

お金の分野に関する知識、教養、能力である「ファイナンシャルリテラシー」を鍛えるという意味でおすすめなのが「週間ダイヤモンド~金融商品の罠~」です。
投資信託や仕組み債など金融商品に対する鋭い分析とても勉強になります。
オプションを使った仕組み債の内容などかなり難易度は高いですが、勉強不足のために不利な商品とは知らずに買ってしまうことがないようにするために役立つ内容だと思います。
広告収入を金融関係の会社にある程度頼っているであろう、経済誌がよくここまで踏み込んで書けたな、すごいなというのが素直な感想です。

本日のポジション

ダイヤモンドダイニング【ヘラクレス:3073】買い5株
リビングコーポレーション 【マザーズ:8998】買い10株
なか卯 【JASDAQ:7627】買い2500株
テイクアンドギヴ・ニーズ 【東証1部:4331】買い100株

金融商品の罠

資産運用を行い将来に備えるためには、株に限らず、資産運用全般に対する知識や商品の分析の方法を知っておくことは必要だと感じます。

お金の分野に関する知識、教養、能力である「ファイナンシャルリテラシー」を鍛えるという意味で週間ダイヤモンド6月16日号「金融商品の罠」はおすすめです。
投資信託や仕組み債など金融商品に対する詳細な分析など、金融商品の買い手としてどのような点に気をつけるべきかを知るのに役に立つ内容だと思います。

本日のポジション

ダイヤモンドダイニング【ヘラクレス:3073】買い5株
リビングコーポレーション 【マザーズ:8998】買い10株
なか卯 【JASDAQ:7627】買い2500株
テイクアンドギヴ・ニーズ 【東証1部:4331】買い100株

「マーケットの魔術師 大損失編」の感想

最近はよくトレードの本を読んでいます。最近読んだ本の中でおすすめなのは、おなじみのマーケットの魔術師シリーズ最新作である「マーケットの魔術師 大損失編」です。

この本では、自身もトレーダーである著者がインタビュアーとなって35人のスーパートレーダー達に対して損失の経験についてのインタビューを行っています。
株でどれだけ儲かったといった内容になりがちな株の本の中で損失に目を向けているという点では異質な存在といえます。

もっとも本書では、各トレーダー達の損失の経験が淡々と書かれているので、それをどのように吸収するかは読者次第というつくりになっていて、それぞれの失敗からどのような教訓が導き出されるかということまでは書いていません。その意味で、失敗から得られる教訓のようなものを求めて読むと物足りないかもしれません。

私はスーパートレーダー達がどのような態度で、大損失から復活したのかという視点で読んでいました。
復活のためには、リスクの取りすぎなど変えなければいけないところは変えるけれども、自信とモチベーションを持ち続けるということが大切のようです。

具体的な方法論としては、インタビュアー自身のコメント部分ですが「成功体験を積み重ねることで自信を取り戻すため、とにかく小さな成功を積み上げる」というやり方は実践面で使えそうだなと思いました。

この本は、トレードで損失が出た時にトレードのモチベーションを維持するために読むのがおすすめかもしれません。

本日のポジション

ビックカメラ 【JASDAQ:3048】買い80株
アプリックス 【マザーズ:3727】買い10株