海外株式投資の最強ETF

「日興アセットマネジメント(以下、日興AM)が運用する『上場MSCIコクサイ株(1680)』<正式名称:「上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)」>が2010年1月29日に東証に上場。続いて1ヵ月後の2月24日には『上場MSCIエマージング株(1681) 』<正式名称:「上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング) 」>が同じく東証に上場する。信用取引による売りと買いも可能となり、売買単位は共に10口で最低売買金額は1万円程度となる見込み。ネット投資家を中心に、インデックス運用に関心が高い個人投資家が登場を待ち望んでいたETFだ。しかも格安の運用コストが大きな売り物となる。両ファンドの信託報酬(0.2625%、税込み)は現在、国内で購入できる米国籍の同タイプETFと遜色のない低水準だ。

円換算したうえで連動対象となる「MSCIコクサイ株価指数(MSCI Kokusai Index)」は日本を除く主要22ヵ国(現在)の株式市場の平均的な動きを示し、採用銘柄の合計時価総額(注1)の変動を計算する株価指数。「MSCIエマージング株価指数(MSCI Emerging Markets Index)」は新興国22ヵ国(現在)の株式市場の平均的な動きを示し、同じく時価総額型の株価指数。世界的な指数提供会社の「MSCI.Inc」が算出している。日本を除く海外先進国全体および新興国全体の株価変動を表す指数として最も普及している指数の一つとされる。

MSCI社の株価指数は、国内公募の株式投信でも運用目標のベンチマークとして古くより採用されている。「MSCIコクサイ」をベンチマークとするインデックスファンドおよびアクティブファンドは現在60本強あり、純資産残高は計2千5百億円程度に達する。「MSCIエマージング」をベンチマークとするインデックスファンドおよびアクティブファンドは20本強、純資産残高は計1千6百億円程度。日興AMが2001年10月から運用している「年金積立インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)」(税込み信託報酬は0.882%)、2008年4月から運用している「年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)」(税込み信託報酬は0.8925%)も、それらの一例。

「MSCIコクサイ」指数が組み入れ対象とする海外先進国株の時価総額は合計約1700兆円に達し、東証1部株価指数(TOPIX)の10倍程度(注2)。そのうち、米国株の比重が約半分強を占め、日本を除くG7諸国をはじめとする上位10ヵ国の株式が94%程度を占める。組み入れ銘柄数は1300以上。「MSCIエマージング」指数採用銘柄の時価総額は計280兆円弱でTOPIXの約1.6倍の規模。ブラジル・ロシア・インド・中国のBRICs4ヵ国で全体の約5割、他に韓国、台湾、南アフリカ、メキシコ、マレーシア、イスラエルを加えた10ヵ国(地域)で全体の9割の比重を占める。組み入れ銘柄数は700以上。つまり、今回のETF『上場MSCIコクサイ株(1680) 』と『上場MSCIエマージング株(1681) 』の両方に約1万円投資すると、あわせて2万円程度の資金で世界44ヵ国の2000銘柄以上、市場規模が日本(東証1部)の約12倍近い海外株式市場全体にアクセスすることが可能となる。 」

ここまでマネーライフから引用

信託報酬が低く、購入時の手数料も売買手数料だけですので、長期分散投資を考えて投資家には最適な商品かと思います。

もっとも、私が、ETFが通常の投資信託と比べて不利だと思うのは、流動性の問題です。
通常の投資信託であれば、どれだけの金額売買するにしても、基準価格で売買できますが、ETFの場合は、市場で売り手がいないと買えませんし、買い手がいないと売るに売れない場合があるからです。

上場してから約1か月の売買代金を見てみると、上場当初は1日あたり5000万円程度の売買があったようですが、最近は1000万円を切る日も多いようで、今後さらに流動性が下がるようだと、あまり大きな金額で購入するには向かないかもしれません。

その点だけ注意すれば、外国株をインデックス運用するための最強の商品となる可能性が高そうです。

札幌ワンルームマンションのその後

2006年に420万円で札幌市内に購入したマンションですが、購入当時は、共益費、修繕積立金を控除した後の賃料収入が3.9万円で実質利回りが11.1%ありました。
しかし、札幌市内ではマンションが供給過剰になったことで、賃料相場が大きく下落しています。

昨年12月に賃借人が出たので、新しい賃借人の募集をかけたのですが、賃料相場を周辺相場に合わせると3.1万円まで下がってしまっていました。
2年で20%の賃料下落はかなり痛いです。

全額キャッシュで買っているからいいようなものの、借入で買っていたら賃料が2年で20%も下落したら簡単に資金計画が破たんしてしまいそうです。
利回りが○○%あるので、何年くらいで回収できるだろうと考えて買うわけですが、賃料の下落がここまで大きいことはなかなか事前には想定できません。
また空室リスクというのも事前に想定はしているものの、環境の激変によって、全く借りてがつかなくなってしまうことがあるので、何十年も先まであらかじめ想定するのはかなり難しいです。

幸い、札幌の物件は、市内中心部で駅徒歩1分の比較的競争力の高い物件だったので、新しい賃借人はなんとか見つかりましたが、不動産投資をする場合は、余裕資金またはキャッシュの比率を高めにしないと怖いなあと改めて思いました。

よくあるワンルームマンションの勧誘で、ほとんど全額借入で買っても、賃料で借入金返済できますなんてのがありますが、あれは本当にリスクの高い商品だと思います。

フィデリティのキャンペーン

フィデリティダイレクトでキャンペーンをやっていて、8月29日までにファンドを購入すると、手数料が全額キャッシュバックされるようです。

また、新規に口座を開設して、50万円以上ファンドを買うと、1%相当の現金(上限2万円)をもらえるようです。
すべてのファンドが対象になっているので、かなりおいしいキャンペーンだと思います。

私はすでに前回のキャンペーンの時に口座開設したので現金プレゼントはされないのですが、もし現金プレゼントがあるとしたら、

国内株式では、
信託報酬が年率0.546%と低く解約時の留保金がかからない
日興「インデックスファンド225」

海外株式では、
信託報酬が年率0.84%、解約時の留保金が0.2%の
PRU海外株式マーケット・パフォーマー
中央三井外国株式インデックスファンド
のいずれか

を買い候補として考えると思います。

これらは、分散投資で組み入れるには手数料が低くて相対的にいい投資信託だと思います。
手数料が全額キャッシュバックされる上に、さらに1%の現金がもらえるなんて、ここまでおいしいキャンペーンはめずらしいと思います。

分散投資を始めてみようという方にはおすすめです。

本日のポジション
UBIC(2158)買い330株
信越化学(4063)買い1000株
ソニー(6753)買い1000株
KDDI(9433)買い10株
松下(6752)買い2000株

外債投資信託を売却

昨年12月5日に購入した三菱UFJ世界国債インデックスファンドを損切りしました。
購入時と比べてドルは約4円円高に、ユーロは約7円円高になっていますが、通貨が分散されていることと利息があることなどから2.4%の損失で済んでいます。
同じ期間に日経平均が15608円→13017円まで16.6%下落しているのと比べると円高がすすんだとはいえ外債インデックスの方がはるかに穏やかな値動きでした。
保有していても含み損はそれほど気にならないのですが、現在のように円高と株安がリンクしている環境下では、日経平均と外債インデックスの基準価額が連動してしまい、あまり分散効果が感じられないこと、各国の利下げにより日本との金利差が縮小傾向にあり外債投資の魅力が低くなってきていること、現在保有中の日経平均連動の投資信託の保有戦略も見直しが必要になってきたと感じていることなどから売却しました。

本日のポジション
nikkei225投資信託 1100万円買い(普段はポジションに記載していません。)
先物売り 1枚

国際分散投資を始めるには恵まれた環境

株式市場は、昨年来の安値を連日更新しており、厳しい相場環境になっています。
ただ、日経平均はここ2年間の安値水準にあり、分散投資の一環として分割買いを始めるには比較的恵まれた環境にあると言えると思います。
国際分散投資を行う際、通説的な見解では、タイミングを重視しないようですが、日経平均が18000円台、為替が120円で分散投資をスタートするよりも、日経平均14000円台、為替100円台でスタートする方が有利なことは間違いないと思います。日本株+外債の分散投資を行うとすれば、ここ数年で最も有利なタイミングになってきていることは間違いありません。
私自身もここから先の円高局面があれば少し外債インデックスを買い増しの予定です。
個別株についても非常に割安なものが増えてきており、バーゲンハンティングを狙うには面白い局面になってきたと思います。

本日のポジション
三井物産(8031)買い1000株

三菱UFJ世界国債インデックスファンド

本日、カブドットコム証券で三菱UFJ世界国債インデックスファンドを400万円購入しました。何回かに分けて(タイミングを見ながら)最大で1000万円くらいまで買い増ししていこうと思っています。
フィデリティダイレクトやイートレードでPRU海外債券マーケット・パフォーマーを買うか、フィデリティダイレクトで手数料キャッシュバック対象となっている中央三井外国債券インデックスファンドを買ってもよかったのですが、たいして条件は変わらなかったので、とりあえずすぐに買えるカブドットコムで買える三菱UFJ世界国債インデックスファンドを買いました。
商品設計として毎月分配が余計なので将来は他の2商品に変更するかもしれません。

三菱UFJ世界国債インデックスファンド
ベンチマーク:シティグループ世界国債インデックス
販売手数料:なし
信託報酬:純資産総額に対して 年0.7875%
信託財産留保額:なし

(比較対象)
PRU海外債券マーケット・パフォーマー
販売手数料:なし(イーバンク、フィデリティ)
信託報酬:純資産総額に対して 年率0.6825%
信託財産留保額:0.1%

中央三井外国債券インデックスファンド
販売手数料:1.05%(フィデリティ)
信託報酬:純資産総額に対して 年率0.735%
信託財産留保額:0.1%

本日のポジション
DAオフィス(8976)買い2株
京セラ(6971)買い200株
東芝(6502)買い3000株