ハドソン株式交換発表で株価急落

昨日、コナミがハドソンを株式交換で完全子会社化すると発表、交換比率にサヤ寄せする形で本日、ハドソンの株価が69円安の318円と急落しています。
このニュースを見て、最初は、株価が20%近く下落するような交換比率で子会社するなんてまるでSBIのようなひどい会社だと思いましたが、株価の推移を調べてみると、ハドソンは直近で急騰しており、本日終値でちょうど25日移動平均くらいなので、交換比率としてはやむを得ないかもしれません。
こうした事例で、私が最近研究しているのは、株式交換を決議する株主総会の基準日前に株式を購入して、株式交換に反対した上で買取請求をして儲けられないかということですが、この事例では難しそうです。
この事案で参考になる類似事例は、テクモ事件決定やインテリジェンス抗告事件決定ですが、買取請求における「公正な価格」の決定方法については現時点では、概ね以下のようになっています。
(1)株式交換により企業価値が棄損されていないと判断された場合
効力発生日前1か月間の終値出来高加重平均値
(2)株式交換により企業価値が棄損されていると判断された場合
(ア)組織再編計画発表前1か月間の終値出来高加重平均値(テクモ事件決定)
又は
(イ)発表前の株価に、発表前日からの指数の下落率×βをかけることにより、効力発生日前1か月間の各日の株価を予測し、その単純平均値を算出する(インテリジェンス事件抗告事件決定)
このうち、買取請求をして意味があるのは(2)のケースです。(1)の算定になるのであれば市場で売却するのとあまり変わらないからです。
本件の場合、親会社と子会社との株式交換であること、交換比率の発表によりハドソンの株価が20%近く急落していることなどから、(2)の計算方法となることも十分にありえます。
しかし、(ア)で計算した場合、終値出来高加重平均値は335円であり、時価318円との差が数%しかありません。
(イ)での計算となった場合、昨日終値の387円×指数下落率×βという計算になればよさそうですが、昨日場中の13時過ぎに一部速報ニュースで株式交換が伝えられ、339円から387円まで上昇していることからすると、株式交換発表前の株価として387円を計算の基礎にするのは難しそうです。
速報ニュースで急騰する前の339円付近か、その前日の終値あたりがいいところではないでしょうか。
そうだとすると、(ア)(イ)いずれの計算でも買取価格は、それほど高い金額になりそうにありません。
(注)上記は、私が、独自に調べた内容であり、内容の正確性は保証致しかねますので、買取請求を検討される場合には、専門家にご相談下さい。

優待落ち狙いの売り失敗

オリエンタルランドは、株主優待の価値が100株保有の場合、1株当たり50円程度あるので、過去の権利落ち日の株価の傾向を見ると、配当金額よりも大きく配当落ちする傾向があります。
直近の10回の権利落ち金額:
130円、60円、50円、80円、70円、40円、50円、70円、50円、70円
しかも逆日歩のかからない一般信用売りが出来るので、優待落ち狙いで売りポジションを取るには最適の銘柄です。
私も昨日から500株売りポジションを持っていました。
しかし、本日は、昨日終値と比べて40円高の7790円で寄り付きました。
何回かやっていますが、逆噴射をくらったのは初めてです。
寄り付きで買い戻しましたが、差損40円、配当50円~55円(実際は配当調整金46.5円~51.15円)、売買手数料等を加えると、1株当たり約100円の損失(500株で5万円の損失)となりました。
同じく、配当金額よりも大きく配当落ちする傾向がある東武鉄道も売っていたのですが、こちらも配当よりも小さい下落で損失となりました。
現在のポジション
三井住友銀行(8316)買い1000株

ユナイテッド・アーバン投資法人でデイトレ

日書いた理論を今日も実践してみました。

日本コマーシャル投資法人 X円
11月末までの 予想配当金 4170円

ユナイテッド・アーバン投資法人 Y円
11月末までの 予想配当金 32900円

とすると、ユナイテッド・アーバン投資法人の理論価格Yは、

Y=(X-4170円)×6+32900円となるので、

Y=6X+7880円

つまり、日本コマーシャルの株価を6倍して7880円足すと理論価格。

これを頭に入れてデイトレをしました。

狙いは乖離率が広がった局面かつ、日本コマーシャルが下げなさそうな局面です。

午前中のユナイテッド・アーバンの売りを見ていると、プログラム売買か何かの売りが断続的に出ていて、日本コマーシャルの株価関係なく610000円割れの水準まで下落していました。

一方の日本コマーシャルは105000円に大きな買いが断続的に出て下げ止まっています。

日本コマーシャルが105000円なので、
105000円×6+7880円=637880円がユナイテッド・アーバンの理論価格で、605986円が5%ディスカウントの水準です。

昨日の寄り付き、大引けともにディスカウントは4%程度だったので、5%のディスカウントは買っていきたい水準です。

運よく、安値の605000円で10株購入できました。
あとは、日本コマーシャルが105000円を割れないことを確認しつつホールド。

後場寄り付きの112000円で利食いすることができました。
後場寄り付きでは、ディスカウントは4%程度の水準に戻っていました。

後場も再度挑戦しました。

日本コマーシャルが105300円に対して、ユナイテッド・アーバンが609000円、理論価格639680円、ディスカウント率は4.8%と高め、日本コマーシャルがの105000円の買い板は堅そうということで、2時39分ころに609000円で5株購入して、2時57分に614000円で利食いました。

今日のところはうまくいきましたが、流動性が低下していて、売買しずらく感じました。
流動性が下がってくるとだんだんこの手法は使えなくなりそうです。

ユナイテッド・アーバン投資法人の理論価格

「日本コマーシャル投資法人とユナイテッド・アーバン投資法人は22日、合併について基本合意したと発表した。合併は今年12月の予定。

日本コマーシャル投資法人は設立母体であるパシフィックホールディングスが09年3月に会社更生法を申請したことから、新スポンサーの獲得などを検討していた。

日本コマーシャルとユナイテッド・アーバンは、合併によってJ─REIT市場トップクラスの資産規模となる見込みであり、規模拡大によるポートフォリオの質の向上などをねらう。

ユナイテッド・アーバンは日本コマーシャルの投資主に端数の投資口を発生させないために投資口1口を6口に分割する予定。分割後に1対1で割り当て交付する。」

以上ロイターから引用

ということで、本日は、合併比率を考えながら、日本コマーシャル投資法人が103000円で寄り付いた直後に、割安なユナイテッド・アーバン投資法人を605000円で5株購入し、614000円で利食いました。

それでは、今日の引値からユナイテッド・アーバンの理論価格を計算してみましょう。

日本コマーシャル投資法人 106000円
11月末までの 予想配当金 4170円

ユナイテッド・アーバン投資法人 618000円
11月末までの 予想配当金 32900円

したがって、ユナイテッド・アーバン投資法人の理論価格は、

(106000円-4170円)×6+32900円=643880円となり、

時価の618000円は理論価格から4%ディスカウントされた価格ということになります。

1 合併比率が日本コマーシャルにかなり不利な内容であり、合併が承認されないリスクがあること
2 合併までの時間が長いこと
3 日本コマーシャルを空売りできないので裁定取引ができない

ことを考慮すると、4%のディスカウントは格別に安いとまでは言えないと思われますが、本日の寄り付きよりとほぼ同じ乖率であり、ここから乖離が開くことがあればユナイテッド・アーバンの買いデイトレードのチャンスがありそうです。

現在のポジション
なし

ジュピターテレコムのTOB投資の収支

今回私は参加しませんでしたが、仮に、TOB発表直後にジュピターテレコム100株を買いTOBに応募し、売却可能日に売却した場合の収支は以下のようになります。

買値105000円×100株(2月17日の始値で購入)
100株のうち33株:TOB価格13万9500円で買い取られる
100株のうち67株:90300円で売却(4月16日の始値で売却)

収支
460万3500円+605万100円-1050万円=15万3600円

損益分岐点 106500円

106500円以下で購入した場合は、プラスを確保できた模様です。
106500円以上で購入した場合は、赤字になったようです。

ネット上の情報によると、以下のような結果になったようです。
応募株数 買取株数
1株   0株
2株   1株
3株   1株
4株   1株
5株   2株
6株   2株
7株   2株
8株   3株
9株   3株
10株  3株

あん分計算の方法の詳細についてはこちらを参照

今回は2株応募が一番利益率がよかったようです。
2株申し込みの株主の場合、1株買い上げとなったようですので、
(13万9500円+90300円)-105000×2=19800円
収支:+19800円

ジュピターテレコムのTOB結果

私は2月17日の記事で以下のように書きました。

「この銘柄の場合、ざっくりと理論価格を計算すると以下のようになります。

KDDI31.1%、住商27.7%、自社株1.1%を除いた残り40.1%が応募の可能性がある株式の最大値。
買取は最大で40%-27.7%=12.3%
買付率は最低でも12.3%÷40.1%=30.6%
TOB発表前の株価 9万円
TOB価格 13万9500円
理論価格の下限値 9万円+(13万9500円-9万円)×30.6%=105147円」

株価は、おおむね理論価格より上で推移していたので、私は参加を見送りました。

実際には、上限の87万5834株に対し、260万2603株の応募があったようなので、買付率は、33.65%と比較的低い数値となりました。

明日からTOBにはずれた株式が売却可能になるので株価は軟調に推移しそうですが、今日の終値ですでに89700円と、TOB発表前の株価9万円を割り込んでおり、TOB発表後に参加した投資家にはかなり厳しい結果になりそうです。

利食いの判断基準

利食いをした後に、その株が大きく上昇をした時って、利益が出ていても損した気分になることはありませんか?

私も、先日3万円付近で買って4万円付近で利食いを入れたサマンサタバサがその後1か月も経たず12万円を超えた値動きには唖然としています(下記にチャート掲載)。
ですが、後悔はしていません。
正確に言うと、後悔はしませんが、その後は、利食いのタイミングを相場環境に応じて遅めに修正しました。

基本的に、株価の天井で売ることができる確率は極めて低いので、自分が納得できる水準で利食いを入れたのであれば、その後の上昇を見て利食いを悔やんでも意味がないことです。

私の場合、利食いの判断は、チャートの形それ自体による判断と、想定した損切り価格で損切りした場合の想定損失額の何倍くらいの利益が出でいるかという判断によります。

チャートでは上値が重いシグナルが出ている場合や売りのシグナルが出た場合は判断は、利食いに傾きます。
また、損切りした場合の想定損失額のおおむね3倍を超える利益が出てくれば利食いをしてもいいなという判断に傾きます。
私のトレードの勝率は3割くらいなので、損切りの3倍程度の利益が出せれば、トータルの収支はプラスになるからです。

しかし、利益水準だけを基準に利食いを決める方法を取ると、ヒットは出せても、ホームランは出せません。

ホームランを狙うのであれば、株価が買い値からある程度上昇したところで、買い値に逆指値注文を入れて放置する方法(あるいはゆっくりと撤退ポイントを上に上げるトレイリングストップを使う方法)が一番いいです。
こうすることで、最悪でも損失が出ないので心理的に楽になります。

また、相場の環境に応じて、利食いのタイミングも修正します。
上ひげが頻繁にでるような相場環境であれば、上がったらすぐに利食いますし、今のようにすぐには下げない環境であれば、もう少しじっくりと構えます。

ただ、どういう方法を取っても、最後にはどこかで利食いを入れないといけません。

そのため結局は、チャートで判断するか、自分で納得できる利益水準かどうかで判断するということになると思います。

いずれにしても売却後に上昇することは避けられないわけで、それは仕方ないことだという諦めが肝心です(別に自分に言い聞かせてるわけではないですW)。

サマンサタバサの日足チャート(矢印は私が利食いした日)

7829

現在のポジション
エスクリ(2196)買い3000株
第一精工(6640)買い2000株

もち合い上放れを買う

相場全体がいけいけの上昇トレンドになっているので、チャートのもち合いからの上放れを買う手法は成功しやすい地合いになっています。
私の場合、もち合い上放れは以下の3通りの手法を使います。

1 上放れ初動買い

日足ベースで数週間~数か月間、比較的狭い値幅でもち合いをを形成してきた銘柄が、直近高値を更新して上放れた場合に、直近高値付近で買って、元のゾーンに戻った場合や、もち合いを下に抜けた場合に撤退します。
初動を買うのでリスクは限定的ですし、すぐに結果が出るので時間の無駄がありません。
もっとも、上放れ急騰というケースのように仕掛けのタイミングは一瞬しかないことも多く、もち合い銘柄に逆指値を入れるなどしてあらかじめ買う準備を整えておく必要があります。

2 上放れ初動後の押し目買い

日足ベースで数週間~数か月間、比較的狭い値幅でもち合いをを形成してきた銘柄が、直近高値を更新して上放れた後に、もち合いゾーンの上限あたりまで押し目を形成した際に、もち合いゾーンの上限が支持線として機能し、そこから反発するくることはよくあります。

もち合いゾーンの上限付近の押し目を買って、元のもち合いゾーンに戻った場合は撤退します。
この方法も仕掛けポイントと撤退ポイントが近いのでリスクは限定的です。
上放れした銘柄をリストアップし押し目買いポイントを決めておけばいいので、1の方法よりも、仕掛けの機会は多いです。
ただし、押し目を形成する銘柄は、押し目を形成しない銘柄と比べると相対的に弱い銘柄なので、1の銘柄のうち、相対的に弱い銘柄だけが2の対象になることになるので、1と比べると暴騰は期待できません。

3 上放れ期待の先廻り買い
今の相場のように地合いがいい時は、多くの投資家が、次のターゲットを探している状態になります。
そこで、日足ベースで数週間~数か月間、比較的狭い値幅でもち合いをを形成してきた銘柄のうち、もち合い上限付近にはりつくなど、今にも上放れしそうな銘柄を、あらかじめ購入し、損切り価格に達するか、しばらく待ってもち合い上放れしない場合には撤退します。

この方法は、すぐに結果が出るとは限らないので、時間を無駄にすることが多いのがデメリットですが、期待通りに上放れた場合には、安いところを買っているのでパフォーマンスはよくなります。

先週金曜日に、ネクストを上放れ初動買い、エスクリを上放れ先廻り買いしてみました。

現在のポジション
エスクリ(2196)買い3000株
ネクスト(2120)買い40株
楽天(4755)売り30株

タカラレーベンのライツ・イシュー(6)

明日が権利付最終日ということで、このシリーズ最後にまとめの記事を書いておこうかと思います。

このシリーズでは、ライツイシューに対して投資家として、どういう戦略が考えられるかということを検討してきました。

1 現物株保有で権利付最終日を持ち越して、現物株と新株予約権をそれぞれ売却するのはどうか

個人的な予想:
現物株の価格は権利落ち後の基準価格よりも高く始まると予想(希薄化を事前にある程度は織り込んでいるから)
新株予約権の価格は理論価格よりも安くなると予想(買い手よりも売り手が多く需給が悪いと思われるから)
結論としては、持ち越しが得かどうかは、どちらとも言えない

2 制度信用取引で権利付最終日を持ち越し、権利処理を受けるのはどうか

個人的な予想:
権利処理価格はディスカウントされることが多く、権利落ち日の寄り付きで買いポジションを手仕舞いした場合には損失が生じる可能性が高いと予想

3 市場で新株予約権を購入して行使するのはどうか

個人的な予想:
新株予約権を行使する手続きが面倒なので、新株予約権を行使しないで市場で売却しようとする投資家は多いと思います。そのため、新株予約権の価格は、その理論的価値よりも低くなると予想します。
新株予約権を購入して行使して新株を手に入れるというのは、期待値としてはプラスではないかと予想しています。ただし、新株が手に入るまでに時間が長く、現物の価格変動リスクがあるので、自分でやるかどうかと言われると、新株予約権がよっぽど安くない限りは買いたくはありません。

4 新株予約権を権利入札で手に入れるのはどうか

個人的な予想:
権利処理価格はディスカウントされることが多く、運が良ければ新株予約権をかなり安く手に入れられる可能性があります。
また、4月1日以降市場で売却できるので、市場売却により価格変動リスクが比較的小さく済みます。
個人的には、新株予約権の権利入札に参加してディスカウント価格で手に入れて、市場で売却するというのが、ライツイシューがらみでは最も利益を出しやすい方法なのではないかと考えています。

5 権利落ち後の現物を買う(または信用買い)のはどうか

個人的な予想:
昔の新株発行までにライムラグがあったころの権利分割後ほどではないにしても、権利落ち後、新株が発行されるまでの間は、市場に流通している株式の時価総額が小さくなるので、需給が改善される可能性が高いと思います。
したがって、権利落ち後新株発行までの間、株価は上に行きやすい状態になると予想しています。
権利落ち後にタイミングを見て、買いスイングをするというのは利益を出せる可能性がある方法だと考えています。

現在のポジション
アサックス(8772)買い20株

英金融大手のロイズ・バンキング・グループの株主割当増資の場合

ライツ・イシューを発表した場合の株価推移について海外の事例を調べてみました。

「11月24日(ブルームバーグ):英銀ロイズ・バンキング・グループは24日、1株当たり0.37ポンドで新株を既存株主向けに発行する株主割当増資案を発表した。
発表によると、ロイズは株主の保有株1株に対して新株1.34株を割り当て、合計で365億株を発行する。発行価格は23日の終値に比べ59.5%割引となる。」

以上ロイターから引用

新株予約権の内容
行使価格    0.37ポンド
1株に対し、  1.34株
ディスカウント 59.5%

株価の推移
縦線が発表前の終値

コメント
この銘柄の場合、10月8日ころから株主割当増資の計画がある旨が報道されており、株価も下落基調にあったようです。
希薄化の割合が大きい割に株価は冷静な値動きに見えます。

lloyds