結局は自分をコントロールすることができるかどうかが問題

週末は、今週のトレードの内容を1つ1つ検証していました。
普段から、自分の欲をコントロールすることが大切だということは十分に分かっていて、自分はそれをある程度できると思っているのですが、先週の金曜日のような市場の混乱状態にあるなかでは、自分に対するコントロールが十分に働かなかったということが敗因の半分以上でした。

同じトレードによる損失でも、自分が決めたルールに従ってトレードが完結しているのであれば、それは後悔する必要も、反省する必要もないと思います。
(もっともトレードの手法自体を修正する必要が生じる場合はあると思います。)
一方で、自分が決めたルールを破って生じた損失は、本来避けられる損失なので、同じ損失でも質が悪い損失だと思います。こういう損失は後に尾を引くので精神的な悪影響も大きいです。

金曜日のトレードを検証したところ、損失額の内訳は、
ルールに従った売買による損失  70万円 
ルール違反による損失     100万円

ルール違反をしなければ、損失は半分以下だったわけで、損失のほとんどは自分の欲をコントロールできなかったことによって生じていたことが分かり、大変ショックを受けました。
今週の金曜日については、多くの人が同じ間違いを犯していると思うので、私が反省ノートに書いている内容の概略を書きます。

基本的に木曜日までにかなり下落していたこともあり、金曜日はリバウンドを取ることで頭が一杯になっていました。
また、買い下がりは普段はしないのですが、それこそ16000円から下は先物に100円毎に買い指値を入れて買ってもいいくらいの気持ちでいました(実際にはしていません)。
常識的に考えてこれ以上下落するはずがないという思いに捕らわれて、リバウンドの利益の方にばかり目がいっていたということです。
それによって以下のルール違反をしました。

1 損きり執行ルール違反
木曜日の大引けで持ち越した先物1枚の買いの損きり逆指値注文を取り消しました。
この値動きは異常事態であり、ここは損きりを一旦保留して、戻りを待って売ろうと思ったのですが、結果約50万円ほど損失を拡大させました。
同じく個別株の損きり注文を取り消して30万円ほど損失を拡大させました。

2 ナンピン禁止違反、建て玉制限違反
同じく先物ですが、下落途中に15700円で1枚だけナンピンし15500円で投げました。ナンピン禁止違反とともに、先物の建て玉は1枚までというルールにも違反しました。
もし、ナンピン禁止と建て玉制限ルールがなかったら10枚くらい買い下がっていたかもしれません。

上記ルール違反によって100万円の損失が生じました。

今後の対策:パニック相場の時は、大きな利益を得る可能性があるため、投資家を普段より一層強欲にさせる。そのため、感情のコントロールが通常よりも難しくなる。
また、実際に参加しても、私のように損きりを細かく行うやり方だと損きりした後に上昇することが多く、結局は損だけして上昇には乗れないことが多い。
したがって、今後はパニック相場の場合相場が落ち着くまで参加しない。

トレードでいくら損をしたかという金額が重要なわけではなく、負け方の中身が重要で、それをどのように今後に生かしていけるかが一番大切なのだと思います。

自分のトレードの内容を検証して、反省することで、自分自身を知ることができますし、それを今後のトレードルールの作成や、個々のトレードに生かすことができると思います。今回の下落で損をした方はノートにその理由を書き出すその作業をすることをおすすめします。

ルール違反をしてしまったので、3営業日のトレード禁止となり、水曜日までトレードはお休みします。

精神的にきつくなった場合の対応

日経平均が年初来安値更新しました。
このところかなりきつい下げで精神的にきつくなっている方も多いと思います。

精神的にきついと感じるということは、そのポジションが大きすぎるか、損きりなどをすべきタイミングでしていないか、ナンピンを重ねて含み損が膨らんでいるなど、そのポジション自体になにかしら問題があると考えた方がいいと思います。

私は、精神的にきついと感じる時は、そのポジションになにかしら問題があると判断して、そこが安値だと思っても、そのポジションを間違いだとを認めてポジションを解消することにしています。

相場がどうこうではなくて、精神的にきつくなるようなポジションを組んだ時点で負けは決まっていたというように考えるようにしています。

本日のポジション
アウンコンサルティング【マザーズ:2459】買い10株
吉野家ディー・アンド・シー 【東証1部:9861】買い20株
ダイヤモンドダイニング 【ヘラクレス:3073】買い5株
ビックカメラ 【JASDAQ:3048】買い10株(現物)
ビックカメラ 【JASDAQ:3048】売り10株(一般信用)

株主優待と含み損

私は、株主優待を取るために株を保有することに対しては基本的には否定的です。
実際には何を目的に株を買おうが個人の勝手ですが、個人的には、優待ただ取りとか、たまたま優待がおまけでついてくるのはいいとしても、株式投資はキャピタルゲインが主目的であるべきで、優待を主目的として持つべきではないと考えています。

なぜなら、優待をメインの目的にしていると、キャピタルロスに対して鈍感になってしまうからです。そして優待目的で買うと損きりが心理的にしずらいからです。

変な話、5000円のお米の優待を取るために、株を買ったと仮定して、優待を取ってキャピタルロスが2万円生じたとしたら2万円のお米で高くついちゃったと無理やり納得するのでしょうが、優待を取る前に15000円の含み損の状態で優待を取らずに損きりをすることにはかなり抵抗があるはずです。同じ15000円の損失なら、多くの人は優待を取っての損失を選ぶと思います。しかし、そのような選択は優待を取るためのキャピタルロスを容認する結果となってしまいます。

そういう私も実は2銘柄だけ優待を主目的として保有しています。
1つはドクターシーラボでこちらは、2年前に15万円台の時に3株購入しました。
優待の内容が、化粧品3万円(3株あたり)は、優待利回り6%超で、優待が即我が家の支出の削減につながるので買いました。

もう1つは、西友で2年前に220円の時に1000株購入しました。
自宅の近くに西友があることから、西友の買い物が常時5%引きになる株主優待カード欲しさに購入したのですが、10万円の含み損となっており、大失敗です。
買い物5%引きでもとを取るためには200万円以上買い物をしないともとを取れません。
トータルでは6万円くらいの含み損に対して、優待を6万円ちょっと受けているのでほぼ損得なしです。ちゃんと計算をすると損得なしなのに得をした気分になるから不思議なものです。このあたりの心理構造は、全く得ではないのに、得をした気分になる毎月分配型の投資信託のようなものかもしれません。

優待目的で買う場合であっても、一定程度以上値下がりしたら損きりをするなどの対応を取らないと普通のポジション以上に切りずらい含み損ポジションができてしまうので注意が必要だと思います。

本日のポジション
なし

なか卯は長期保有前提に現引きしたのでスイングのポジションから外します。

大きなポジションの心理的影響

私は、自分がトレードを行う際のポジションの大きさが大きすぎるかどうかを判断する場合、まずはそのトレードから発生する最大損失の金額を根拠にします。
その損失を自分が受け入れることができるかどうかでその大きさでいいかどうかを判断します。
その損失額は厳しいと思えば、自分が出してもいいと思う損失額までポジションの大きさを縮小していきます。

ただ、最大損失額を受け入れた上でトレードを開始しても、実際にそのポジションを持ってみると、やはり大きすぎたと思うことはよくあります。
例えば、ニューヨークの株価が気になって寝られないとか、その銘柄に関する情報をインターネット上で探してしまうとか、株価が下落する夢を見るなど、自分が不安感を持っていることを示す諸症状が出てきた場合には、やはりそのポジションは大きすぎると判断します。

そして、大きすぎるポジションはトレードに心理的な悪影響を与えるので、適切なサイズになるまでポジションを縮小するか解消することが望ましいと考えます。

先週末は、もちあいの下限に近いと判断して逆張りの買いを大量に持ち越ししていました。この戦略自体は正解だったのですが、昨夜は野村証券が急落している夢を見ました。この銘柄のボラティリティからすると、1万株というポジションサイズは少し大きすぎたようです。場中を見ていても、1ティック5万円の野村、1ティック10万円のダヴィンチ、1ティック7万円のビックカメラをそのポジションサイズで同時に保有するのは収益が大きくぶれてちょっとしんどい感じがしました。
全体的に上値が重いこともあり、野村とダヴィンチを利食ってポジションを調整しました。

本日のポジション

ビックカメラ 【JASDAQ:3048】買い70株
京セラ【東証1部:6971】買い2000株
住友金属鉱山【東証1部:5713】買い1000株

株中毒にご注意を

昨日のメリハリをつけるという話と関係するのですが、トレードというのは毎日やっていると株中毒の症状を引き起こす場合があります。
株中毒になるとどんな時でもトレードをしないと気がすまなくなるのでメリハリをつけることの邪魔をすることが多々あります。

ここはトレードをすべきではないと考えていても、株中毒にかかっていると、猫が目の前を動く小動物に手を出すように、トレードに手を出してしまいます。
しかし、頭では休んだ方がいいと分かっていても、株価を見るとトレードをしてしまうということは、収益に悪影響を及ぼす可能性が高いです。

株を売却して現金ができると次に何かを買わないと気がすまない個人投資家というのは多いと思いますが、そうすると収益の機会であるかどうかとは無関係にトレードをしてしまう可能性が高くなります。

株中毒の症状として一番怖いのは、株式投資は収益をあげることが目的であるはずであるのに、本人も気がつかないうちにトレードを行うこと自体が目的となってしまう可能性があるということです。

休むも相場と言いながらトレードをしてしまう人は気をつけた方がいいかもしれません。

そういう私も携帯での株価チェックを一定時間行わないと気になって仕方がないのは株中毒の兆候かもしれませんw

本日のポジション

なし キャッシュポジション100%

アドレナリンに注意

本日は目先の下げが大きいことから、値動きの相対的に強い銘柄群のリバウンドを狙いましたが、ことごとく損きりとなりました。
これだけ相場のボラティリティが大きいことは年に1度あるかないかなので、多くのトレーダーは利益が出ていても、損が出ていてもアドレナリンが全開の状態となっていると思います。
こういう場面では、過度な興奮状態にあるために損失の痛みを感じないという副作用もあるので注意が必要です。

私も時々やってしまう失敗パターンは、始めは小さなロットで慎重にやっていたのに、損をしても変動幅が大きいのですぐに取り返せるような錯覚に陥って、一気に利益を上げようとついつい大きなロットで勝負をしてしまうことです。

現在は、そういう失敗をしてしまいやすい相場の環境にあるので注意が必要です。私も気をつけますので皆様もどうか気をつけて下さい。

本日のポジション

なし

含み損益の心理的影響

株を買った後、株価が上昇して含み益のポジションがあると、気持ちにゆとりがうまれ、トレードにおいて的確な判断がしやすくなります。また、利益が積み上げることでリスク許容度が増して、チャンスを逃さずに仕掛けることができます。

反対に、株を買った後、株価が下落して含み損のポジションがあると、気持ちのゆとりがなくなり、トレードでも誤った判断をしやすくなります。また、損失が増えている状態では、リスク許容度が減って、トレードのチャンスの逃しやすくなります。さらに他にせっかく利益が乗ったポジションがあっても、それがなくなることを恐れて利食いが早くなることもあります。

このように、含み益は心理的にトレードに好影響を与え、含み損は心理的にトレードに悪影響を与えます。

この心理的な影響という面からも含み益をできるだけ積み上げていくと同時に、含み損をできるだけ摘み取っていく作業を行うことが有効です。
ポートフォリオの管理の基本は、含み益のポジションをできるだけ放置して含み益を伸ばし、含み損のポジションをできるだけ早く解消してさらなる損失拡大の可能性を摘み取ることです。

極端に言えば、いくつかの仕掛けを同時に行って、その中で含み益になったポジションだけを残していくことが利益を出す秘訣なのだと思います。

本日のポジション

ジャフコ (東証1部:8595)買い500株
SBIホールディングス(東証1部:8473)買い100株
楽天(JASDAQ:4755)買い200株
横浜銀行 (東証1部:8332)買い5000株
りそなホールディングス (東証1部:8308)買い30株