関東自動車工業下方修正

関東自動車工業は、23年3月期の連結経常利益を50億円から25億円に、純利益を60億円から15億円にそれぞれ下方修正しています。
理由はこう記載されています。
「平成23年3月期通期の業績(連結、個別とも)は、トヨタ自動車株式会社からの受託生産台数の減少などにより、売上高、営業利益、経常利益、当期純利益共に前回発表予想値を下回る見込みとなりました。」
自動車関連は、かなり業績好調との印象があり、実際株価も順調に上昇しているものが多いので、この下方修正は意外感がありました。
過去2週間を調べましたが、自動車関連は上方修正の方が圧倒的に多いです。
この銘柄は、海外売上高が小さく、国内メインだからなのでしょうか。
過去2週間の自動車関連の経常利益修正(7200番台を抽出)
7291 プラスト 11/03 3200→4100
7274 ショーワ 11/03 6000→8000
7267 ホンダ 11/03 535000→665000
7229 ユタカ技 11/03 8400→10500
7299 フジオーゼ11/03 1600→1800
7230 日信工 11/03 11600→12600
7276 小糸製 11/03 33000→36200

UKCホールディングスは配分なし

UKCホールディングス(3156)の公募ですが、やはり配分はありませんでした。
株価は、本日前場ですでに公募売出価格の840円まで下落していて、公募割れ濃厚な雰囲気になってきたので、配分の電話連絡がなければいいなと思っていましたが、電話がなくてほっとしました。
安定操作期間中は悪くても同値撤退できるはずと考えて840円で買ってみました。
現在のポジション
UKCホールディングス(3156)買い4000株

三洋電機TOB価格138円

パナソニックによる三洋電機に対するTOBが発表され、TOB価格は138円となったようです。

本日の安値が139円ですので、今朝の報道を見てから今日買った人は全員損する結果となったようです。ニュースを見てから買ったのでは儲からない典型例のような事例となってしまいました。

明日の寄り付きは、TOB価格の1円下の137円と予想しますが、TOB期間が少し先なので、136円の可能性もあるかもしれません。

TOB期間:
平成22 年8月23 日(月曜日)から平成22年10月6日(水曜日)まで

公開買付けにより完全子会社化が達成できなかった場合には、株式交換を実施する予定のようですので、株主としては、TOBに応じるのが賢明だと思われます。

現在のポジション
常和ホールディングス(3258)買い3000株

国際石油開発帝石の売り残はなぜ増えるのか

07/27速報 株数   新規  返済 前日比
融資残 2,658    271    93 +178
貸株残 87,731  11,789   423 +11,366
差引 -85,073 -11,518 -330 -11,188

昨日よりも株不足が深刻になっています。

売り禁なのにどうして新規売りが増えているのか質問を受けて、私自身も不思議だったので調べてみました。
貸株の数量は,証券会社が借りた株数を示しているので、両建てをしている投資家がいる場合は、証券会社は日証金から株を借りる必要がなく、売り残、買い残の数量に反映されないようです。
両建てのポジションのうち買いだけをはずした場合、証券会社はその時点で日証金から株を借りる必要ができて、新規の貸株として数字に反映されるようです。

もしくは、別々の投資家が買いと売りのポジションを持っていて、証券会社の中で相殺処理されて、貸株をする必要がなかったものが、買いポジションの投資家が手仕舞ったために、証券会社がはその時点で日証金から株を借りる必要ができたというケースも考えられそうです。

国際石油開発帝石の売り禁

7月26日に公募の価格決定が予定されている帝石が26日発注分から信用取引での空売りができなくなります。
すでに繋ぎを入れている場合を除き、公募に申し込んで信用取引の売りで繋ぐことができなくなるため、ブックを取り消すかどうか悩んでいる投資家が多いようです。

以下はネット上の掲示板やブログで収集した情報なので、正確さは保証できませんが、備忘録として残しておきます。

1 また売りポジションを持っていない場合

売り禁となって銘柄は、受渡日に下げる可能性が高く、公募割れの可能性もある。

売り繋ぐことができず、リスクが高いので、売り繋ぎで堅実な利益を目指す投資家としてはパスしたい案件となっている。

しかし、キャンセルすると、証券会社との関係に悪影響を及ぼす可能性が高いので、どうしようと悩んでいる方が多いようです。

仮にキャンセルする場合は、月曜日の午前10時(証券会社によって違うかもしれません)までがブックビルディングの期間なので、その期間内に購入しない意思を伝えておくのが無難との意見もあるようです。

キャンセルをしない場合、他の投資家のキャンセルが多いと、想定以上に配分が来る可能性がありそうです。
配分の割合を想定して10株欲しいから50株申し込んだというような投資家はキャンセルか減数しておかないと想定外の配分が来て想定外のリスクを抱える可能性がありそうです。

2 すでに売りポジションを持っている場合

この場合、売り禁による株価の上昇と逆日歩が心配な投資家が多いようです。

ネット上では、公募時における売り禁は一時的な株価上昇要因と考える投資家が多いようで、月曜日の寄り付きは高く始まり、後場の引け前に下落すると予想が多いです。

こうした予想は、同じく値決め予定日の前日に売り禁となったコロワイドの値動きなどが根拠となっているようですが、事例が豊富にあるわけでもなく、もちろん実際の値動きがどうなるかは誰にも分かりません。

逆日歩については、理論上は10倍適用時で最大で1日当たり9000円程度になる可能性があるようです。
ただし大型株なので、そこまでの株不足になるとの予想は少ないようです。

売り禁になると、新規に売り建てができないため少しづつ株不足が解消されるので、逆日歩も23日分が1日当たりの金額としては最も高いとの予想と、価格決定予定日である26日の大引けで両建てのポジションうち買いポジションだけはずす投資家も多いために、26日の株不足が最もひどくなるため、逆日歩は26日分が1日あたりの金額は最も高いとの予想とに分かれています。

万が一高額な逆日歩が発生すると、空売りの買戻しにより一時的な株価上昇要因となりそうですの、26日と27日はクイックの端末の逆日歩の速報と株価の動きを見てみるというのも面白そうです。

3 すでに両建てポジションを持っている場合

この場合、価格決定予定日である26日の大引けで、配分が想定される株数の売りポジションだけが残すように、両建てのポジションうち買いポジションだけはずす投資家が多いようです。

もっとも、26日の株価の推移を予測して、大引けにかけて株価が下落することを予想して、その前に買いポジションをはずす投資家や、配分決定後に買いポジションをはずす投資家もいるようです。

このあたりは、通常の繋ぎ売りのタイミング同様皆さんそれぞれのようです。

ただし、この場合買いポジションをはずすタイミングが早いほど逆日歩のリスクは高くなります。

先物のサヤ

今週から日経225先物のイブニング・セッションの取引時間が23時30分まで延長になったので、どんなものかちょくちょく覗いていますが、やはりというか当然のことながらというか、20時から取引開始となるシカゴの日経225先物との間でサヤが開いたりはしませんね。
もし、サヤが開いたとしても、専門の業者さんがプログラム売買で取ってしまうでしょうから素人の出る幕はなさそうです。

ただ、23時30分の引け値を見ると、本日は、日経225先物が9510円、日経225mini先物が9480円と30円も開いています。
もし、こういうことが時々に起きて、板の状況から引けの数秒前に予測できれば両建てにするだけで儲けることができる可能性があるかもしれません。

ただ、流動性が低いことが原因だとすると、自分の出した引け成注文で価格が動いてしまう可能性があるので、難しいとは思いますが。

みずほでデイトレ

本日はみずほの増資株の売却可能日でした。
海外の下落と需給悪化から、寄り付きは安く寄って反発すると考えていたので、寄り付きの131円で5万株購入し、133円で利食いました。

野村證券から配分された2万株はそのまま保有しています。
140円で信用売りでつなげるタイミングがあったのに欲を出したのがよくなかったようです。

現在のポジション
なし

みずほの配分

昨日野村證券の担当者から電話があり、みずほは10万株の申込に対して2万株配分がありました。
正直もう少しもらえるかなと期待していたのですが、ただで10万円貰ったのと同じことなので文句は言えません。
今回は旅行中だったこともあり、一切はヘッジはしていません。

このみずほの現物については現在のポジションには記載しません。

現在のポジション
なし

みずほの公募増資

「みずほフィナンシャルグループ(8411.T: 株価, ニュース, レポート)は25日午後、最大60億株の公募増資を正式発表した。6月18日の同社株の終値154円を基準として、手数料などを加味した手取り見込み額は8500億円としている。
自己資本の質と量の両面を拡充し、国際的な自己資本規制強化の動きに対応する。今後は、企業価値の向上を図るため国内外での収益力強化策を本格化させる。
60億株の内訳は、国内向け募集26億0900万株、海外向けが30億株。需要に応じて追加実施する3億9100万株のオーバーアロットメントが加わる。
発行価格などの条件は、7月13日から15日までの間に株価を踏まえて決める。このため、最終的な調達金額は未定。25日終値の153円で計算すると、市場から調達する金額は約9200億円となる。払い込みは7月23日までに終わらせる。60億株の増資で、発行済み株式総数は最大で約38%増える。」

以上ロイターから引用

現在株価は150円付近なので、このまま行くと、昨年の公募価格184円と比較してかなり低めの価格となりそうです。
とりあえず野村證券に電話をして10万株申し込みしておきました。

日本風力開発 監理ポスト(確認中)指定

日本風力開発が3営業日前は183600円だったのが本日は83600円の売り気配と凄まじく売られています。

IR資料によると、新日本有限責任監査法人から、過年度の風力発電機等に係る販売斡旋手数料の収益計上に疑義があるとして、過年度決算の見直し等の措置をとるよう求めてられたのに対して、会社が新日本有限責任監査法人を解任したことから、平成22年3月期有価証券報告書について、金融商品取引法に定める提出期限(平成22年6月30日)までに提出できない見込みとなり監理ポストに割り当てられたようです。

なお、「監理銘柄(確認中)の指定について」によると、有価証券報告書を7月31日までに提出しないと上場廃止となるようです。

「過年度決算の見直し」とか「監理ポストに割り当て」といったキーワードが嫌気されたものと思われます。
正直IR資料を見ても、どの程度の事案なのかよく分かりませんが、先日のエフオーアイの件といい、こうした不祥事によって新興市場への信頼性がなくなっていくことは間違いありません。
せっかく新興市場が少し元気になってきたのにほんと迷惑な話です。

リバウンド狙いでの買いがありかどうか検討してみたのですが、風力発電事業については5月12日のIR資料で会社のビジネスモデルが存続できるかどうかという状況であるという趣旨の内容が発表されているので結論は「手だし無用」です。

以下IR資料から引用
「当社は従来より政府による新エネルギー導入に対する補助金を活用した風力発電事業の展開を行って参りましたが、昨年後半以降、補助金の新規募集の制限・中断など、ビジネスモデル自体の存続に係わる状況が現出しております。」

現在のポジション
UKCホールディングス(3156)買い1000株